アイルランドのカリグラファー

 実は今回のアイルランド訪問には
もう一つの大きな目的が。
それは知られざる天才カリグラファーに
会うことだった。

実はアイルランド出身のカリグラファーは
Denis Brownだけではなかった。
Denisの2歳年下で、やはり20歳にして
SSIのフェローになった才能あるカリグラファー。
Gareth Colgan
失礼ながら名前はもちろん存在すら知らなかった。

10月にlettercarverのJohn Neilsonを訪ねた際、
Garethの作品を見せてもらった。
以前一緒にTom PerkinsのWSで働いていたのだという。
とても腕がよく、才能があるのだが、その性格ゆえか
あまり作品を発表したり、人前にでようとしないらしい。
TomのWSを2年で辞めた後は自宅に戻り両親と一緒に
住んでいる。

どんな人だろうか。
とても気になった。
そして、それを確かめる機会は案外すぐに来た。

今回アイルランドに行くついでに
Garethに会えないだろうか、とJohnに相談したら、
すぐにコンタクトを取って、連絡先も教えてくれた。

Garethはとてもまめに連絡をくれた。
作品を見るのなら、自宅に来てもらった方が都合がいいだろう、と
彼の家までの地図やバスの時間やら、こまごまと
気を遣って情報を送ってくれた。
そして、彼の家でランチまでごちそうしてくれるという。

アイルランドに到着した日は
波もほとんどなく、とても穏やかないいお天気だった。
その日はもう遅かったのでDublinのB&Bに宿泊。
次の日は朝晴れていたのに、昼前から小雨が降り出し、
昼過ぎには強風が吹き、雨も時折強く降ってきた。
彼の家には(GarethはDublinの少し郊外に住んでいる)
台風のような、時々立ち止まらなければならないほどの
強風と雨でびしょぬれになって辿り着いた。

玄関に長身で細身の男性が迎えに出てきた。
Garethだった。
彼はぬれ鼠状態の私を見て
「あー、ごめん。いつも手ぶらで駅まで行くから、
君がそんなに荷物を持っているなんて、想像もつかなかったよ。
知っていたら車で迎えにいったのに!」

やさしそうなお母さんとお父さん、犬2匹に迎えられ、
暖かい家に入った。
ほっとした。

ランチはごく一般的な
パンとバター、チーズ、彼の好物というサラミ、
サラダ、コールスロー(Sainsbery's製)
そしてお母さんのホームメード野菜スープ。
これがすごくおいしかった。

ランチが終わり、いよいよ彼の作品を見せてもらう。
仕事という仕事を実際していない彼は
作品を自分のためにだけ書いているという。
たまにlettercarvingの依頼が来るようで、
いくつかアイルランドでやったという仕事も見せてくれた。
2年かけて彫ったというlettercarvingの文字は
本当に繊細でため息が出るほど美しかった。



これは販売するのか、と聞いたら、
「売るつもりで彫っていないから。」
との答え。

どうしてlettercarvingの仕事を
もっとしないの?
と聞くと、
「石は扱いが面倒で場所もいるし、
1人では大変だから。」
との返事。


彼の作品はほとんどがビルドアップの方法で書かれている。



とっても個性的な文字だが、
読めないようで結構読める。
パターンのようにも見える。
でも、テクストにすごくこだわっていて、
意味のないアルファベットだけの作品は
作れない、と言う。
自分の好きな言葉、選び抜いた言葉を使って、
その意味をじっくり考えて文字のレイアウトや
全体のデザインを決める。
だから、とても時間をかけてひとつの作品を
作るようだ。
色はほとんどBlack & Whiteで、たまに赤も入る。


アイリッシュらしく、Samuel BeckettやKeatsのテクストを
よく使っていた。
読んで聞かせてくれたけど、私にはちょっと難しかった・・・・。

すべて微妙に違う形のアルファベットで
書かれていた。
でも彼の個性がとてもよく出ていて
このようなタイプの文字を見たのは
初めてだった。

ハンドライティングの文字も
とても特徴的でパターン化されていて
美しかった。


少し人見知りするタイプかもしれないが、
(アイリッシュらしくない!?)
これらの作品が世に出ないままなんて
もったいないと思った。
もっと多くのカリグラファーに
見てもらいたい、と強く思った。

その日の夕方、バスでPortlaoise(友達に住む街)へ向かった。
途中Dublinの街中を通った時にちょうど信号でBook storeの前に止まった。

ショーウインドーはいかにも
ケルトの国らしいディスプレーが
施されていた。

友達の家に夜の9時ごろ着いたら、
「今日は強風でフェリーがキャンセルだったのよ。
今日じゃなくてよかったわね。」
昨日の穏やかな海が嘘のようだ。
昨日来ていてよかった。

帰りのフェリーも実は午前の2便はキャンセルになっていた。
私の予約した午後のフェリーは無事に出た。
冬のIrish Seaはたびたび荒れて、フェリーが止まることも
少なくないとのこと。
知らなかった。




カリグラフィーWS in Irelandその2


 このWSの時に参加していたセコンダリースクール(高校に当たる?)の
アートの先生が、学校でも書道の話とデモンストレーションを
してもらえないか、と言う。
学校で子供たちに書道の紹介をするのは
何よりもやってみたいと思っていたことだった。
もちろん、喜んで!と答えた。

学校にまず聞いてみないとわからないので、
週明けに連絡をくれることに。
そして月曜の午後、
「明日の11時から12時半まで、うちの学校で
トークとデモンストレーションをお願いします」
と正式に申し込みが来た。

それにしてもそんなことがこんなにすぐに
実現するなんて、びっくり。
日本ではありえない、と思った。

学校は新設校で施設は最新。
この教室はすり鉢型に椅子が並び、
ビジュアライザーも設置してあった。
私の手元が大きく映し出されて
学生は筆の動きを見ることができた。

ここは男子校。
16歳の男子30名が参加。
最近アイルランドでは、
男子校と女子校に別れて学んでいるという。
なぜ?と尋ねると
その方が集中できるから。
との返事。
初めての筆にとても楽しそうにチャレンジ
している学生たち。

16歳と言う微妙な年齢の学生も
よく見るととてもかわいかった。
ロンドンのティーンと違って
なんだかちょっと無邪気なような気がした。
アイルランドは18歳まで高校のような学校へ行き、
16歳のこの1年はトランジットの年と言って
さまざまな体験をする年だという。
その一環として、日本の書道を紹介できたのは
とても光栄に感じた。
これをきっかけにもっと日本に興味を
持ってくれるとうれしい。





カリグラフィーWS in Irelandその1

 8月に続いて、今年2回目となる
アイルランド訪問。
知り合いのアーティストStaciaの計らいで
カリグラフィー(書道)のワークショップをすることに。

彼女の住むPortlaoise(ポートレーシュ?)の文化センターのような
会場の主催で、土曜の10時ー16時の1日WSと
別の小さな町の教会でも夜にWSを開催した。

今回も荷物が多く、フェリーで渡った。

ほとんど波もなく
穏やかな船旅となった。
冬のIrish Seaは太陽を反射して
銀色に輝いていた


会場に前日行ったら
・・・・すごい状態だった。
そこは絵画や陶芸教室もしているような
アート用のとても狭い部屋で、
もとはメーキャップ室として使われていたらしい。
床やテーブル、椅子などそこらじゅう白い粘土の粉や
塊だらけで、2時間以上かけてそうじしなければならなかった。

財政難による人員削減で
掃除まで手が回らないとのこと。
もし当日の朝来ていたら・・・・
と思うとぞっとした。

会場となった部屋の全体の様子。

最初にたてにまっすぐ線を引く
練習をしてもらう。

鏡に向かって書道。
なんだか変な感じだった・・・。

少人数だったのですぐに打ち解け、
和やかな雰囲気の中でできた。

参加者は日本に関心があったり、
建築家、アートの教師、空手をやっていたり
グラフィックデザインの学生、デザイナーなど。
だから、とても熱心に書道に取り組んでくれた。
ランチブレークをはさんで朝から6時間という
長い時間だったにも関わらず、
あっという間だった、とみんな口ぐちに言ってくれた。
うまくできるかとっても心配だっただけに
ほっとした。

書道と言っても日本の文字だけでなく
せっかくなのでアルファベットも書いてみた。
やはり自国の文字も書けた方がいいと思って。






はじめてのお仕事

 そのメールは突然来た。
「風邪で声がでないから、明日のクラスを代わってもらえないかしら。」
The Instituteでお世話になっているCherrellからだった。
彼女は月曜の午後と夜のクラスでカリグラフィーを教えている。
私は普段夜のクラスに参加している。

以前、Cherrellからこんなことを聞かれたことがある。
「もし私がどうしてもクラスに来れないようなことがあったら
その時は私に代わってクラスを教えてもらえる?」
突然の申し出に、
「私でお役に立てるのなら、喜んで。」
と思ってもいないような言葉が口から出てしまった。
微妙な言い回しが英語だとできなくて、
シンプルに言ってしまうと
ニュアンスがうまく伝えられないことがある。

その時が来てしまった。
そして、急だったので生徒は何も知らない。
「今日はCherrellが風邪でお休みなので、私が代わりです。」
次々に教室に入ってくる生徒に説明した。
午後のクラスには初めて会う人もたくさんいた。
初心者と中級者とその日初めて来たという女性も。
できるだけCherrellと同じような字になるよう
お手本を見ながら書いた。
イギリス式は微妙に違う。

それでも段々慣れてくると
普段教えている感じと同じであまり抵抗がなくなってきた。
カリグラフィーを教えることに関しては
テクニカル・タームは日本語でも全く同じだ。
気が付いたらいつもやっていたような感じで
久しぶりの感覚に懐かしさすら覚えていた。

せっかくなので、自分の作品を持って行って
みなさんに見てもらったり、
日本の書道の姿勢の話しなどをして
なんとか2時間半を過ごした。

それまでは教えてもらう立場でしか
その場所に行っていなかったけれど、
教える立場で行くと、全くものの見方が違った。
まず、tea breakの時のミルクがないのに気が付いた。
いつも誰かが用意してくれていたのだが、
その日は古いミルクしかなかった。
仕方なく自分で買ってきて補充。
紅茶やビスケットを確認し、
机や椅子の確保をし、
これまで気が付かなかったいろいろな影の
苦労が見えてきた。

夜のクラスが終わったのは9時半過ぎ。
終わった時は私まで声が枯れていた。
習うのと、教えるのとでは、
しゃべる量が圧倒的に違う。
そして、しゃべる内容も普段友達としゃべるのとは
全く次元が違う内容なのだと気がついた。
教えるって、自分にとってもすごく勉強になる・・・・
改めて気付かされた。




Sacred Geometry WS 再会の約束

 最終日の30日の朝。
私は4時半に就寝して、2時間余りの睡眠で
頭がぼーっとしていた。

この日もいいお天気だった

8時前に急いでworkroomに行くと、
すでにたくさんの人が作業をしている。
食堂にネームカードをセッティングして、
workroomへ戻る。

午前中のTea breakまでで、作業は終了。
そのあとは各自の作品の説明となる。
持ち時間は1人10分足らず。
最後の作業時間に
みんな真剣に作業に打ち込んでいて
しーんと部屋は静まり返っていた。

偶然からこのデザインが見つかった
(周囲の文字がずれているのを見て
Annがわざとこうした方が面白いと助言)


最後の詰めの指導にも熱が入る

そして、いよいよ待ちに待ったプロジェクトの発表。
みんな限られた時間内に、よくここまで出来たと
本当に感動した。
そして一番感動してよろこんでいたのが
Annだったのは言うまでもない。

とっても繊細な月と太陽の模様ができた
Annが「お守りにいつも持っていたいわ」
と言っていた。

みんなの素敵な作品をすべてカメラに
収めるAnn.



最後にみんなからのお礼の言葉を
カードに書いて渡した。
もちろんAnnは大喜び。
とっても感動していた。






「私からもプレゼントがあるのよ。」
とみんなに封筒を手渡すAnn.
中には美しいヴェラムのしおりに
Annが今朝の4時に起きて書いたという
みんなのイニシャルが美しい文字で入っていた。


そのしおりをもらってみんな
感動のあまり泣き出してしまった。

Annももらい泣きして
みんなで涙のお別れとなった。



でも、最後はやっぱり笑顔で
ハイ、チーズ。

ちなみにイギリスでも写真を撮る時は
"cheese"と言うそうだ。

今度は是非日本でAnnも交えて再会しましょう!




Sacred Geometry WS 7

 29日の夜は最後の夜ということで
食事の後にFarewell partyを開催。
最初に私がひとつゲームをしてもらい、そのあとAnnもゲームを提案。
そのゲームとは、ほとんどクラスの延長とも言える内容だった。

1人1枚ずつ紙が配られ、最初にそれぞれがひとつマークを描く。
そのマークに呼応するようなマークを次の人がまたひとつ。
紙の中でマークと空間の関係を考えながら、
だんだんマークの線や塊やドットや文字などが増えていく。
最後には15名分のマークが描きこまれた
クレー顔負けの抽象画が15枚誕生。

それをすべて並べてみると結構おもしろい。
そこへAnnがお得意のマージン作成用紙で囲んで
より面白いデザインを見つけ出す。



あーら不思議、マージンで囲むととっても素敵な
作品が浮かび上がってくる。
面白い作品を作ることと、
面白い場所を見つけることは同じくらい難しい、と
思ったのは私だけだろうか。

そしてみんなで1つずつ面白いと思った場所を
見つけていった。



そのあとラウンジに移動して、Bar time.
みんなでお酒を片手に再度それぞれの自己紹介をした。
最初の日からたった3日しかたっていないのに、
同じ釜の飯を食べて、すっかり意気投合した人も少なくなかった!
日本の北と南と中央でカリグラフィーを通じて
素敵な友達がまた増えた!

日本から持ってきたおかきやせんべい「白い恋人」
などのお菓子を持ち寄った。
お互いをカメラで撮って大笑い。

Annもこのパーティーは
とっても楽しかったらしく、
「あれは本当によかった!」
と後で何度も言っていた。

そして、最後の夜・・・・

時計の針が深夜を回っても
workroomには作業を続ける人の姿が。

Annが何度もサンダーランドでの体験を話すのを聞いて
みんなは本当に夜中までがんばった。
「サンダーランドでは本当に驚いたのよ。朝クラスに来たら
みんな作業をしていたの。一晩中していた人もいたらしいのよ。
もうびっくりしてしまったわ。」


Sacred Geometry WS 6

 2日目の午後から、みんなはそれぞれのプロジェクトに
取り組み始めていた。そして3日目の29日。

Annはこれまでやった幾何学の
どれかを使い、できるだけシンプルな
テーマにしぼって、パネル、ブック、
シートなどの形態で表現することを
勧めた。

ひとりひとりが違ったテーマを
違った表現方法でプロジェクトに
取り組んでいくのを
きめ細かくフォローして
それぞれの個性を最大限活かすように
アドヴァイス

みんなも自分の考えを
一生けん命Annに伝えた

同じことを学んでも
取り上げる内容や
どのように受け止めたかで
表現の仕方は全く違うものとなる

そしてAnnがとっても驚いていたことは、
みんなとても深いところまでこのWSの
内容を理解しているということ。

みんなのプロジェクト内容を見て
それがよくわかったと話していた。

それを聞いて本当にうれしかった!

じっくりと話を聞いて
どうやったら一番いい方法で表現できるか
一緒に考える。



だんだん形になっていく。

複雑な作品に取り組む人が多く、
日本人の仕事の美しさに
しばしば感嘆の声を上げるAnn.


ミニチュア・ブックの形で表現


この日はりんごのデザートが出た
Annの庭のりんごかも



Sacred Geometry WS 5

 ルート長方形は、正方形の対角線を半径として弧を描き、
横に伸びて行くという、外へ広がるものと、
正方形の内側で対角線と1辺を半径とした弧の接点に
水平に引いた線でできる長方形が生まれてくる、という
内部に出来ていくものの2種類がある。
言葉で書くとわけがわからないかもしれないけれど。
まず、その説明をしたあと、
なぜそうなるのか、という質問を受け、
Annは答えに窮してしまった。
そこに、ポンテのShokoさんが助け舟をだしてくれた。
Xを使った方程式で見事に納得いく計算をしてくれたのだ。

今回のメンバーの中には、理数系の方も数人いらして、
Annは彼女たちの存在がとても心強かったようだ。
もともと数字に弱いのだから無理もない。

直角三角形の90度の両側2辺の二乗の和は残りの辺の二乗に等しい。

Pythagoras(ピタゴラス)の定理を説明した
Annのシート

ピタゴラスの定理を学び直していまさらながら、
昔の人の智恵に感心する。

その他ルート長方形のプロポーションについても学んだ。
ルート長方形は同じプロポーションの長方形が
√3なら3つ、√4なら4つ含まれているのである。
考えたら不思議だ。

地球が生まれるずっと前から宇宙の原理として存在していた
こういう幾何学の世界を学んでいると、本当に
宇宙の存在の偉大さと人類のちっぽけさを感じてしまう。

そして、その日の午後はお楽しみショートトリップ。
なんとAnnの住むOld Schoolに招待された。
アマダンからは車で5分余りという近いところに
Annが30年近く住んでいるOld Schoolがある。
以前は学校だったので、今でもそう呼んでいる。
家の前にも看板がある。

数年前から売りに出していたので、今回のWSの時には
もしかしたらもう引っ越している可能性もあったのだが、
まだ売れずにAnnが住んでいたので、
今回の訪問が叶ったというわけだ。

タクシー2台に分乗して午後4時過ぎにみんなが到着。

Annの家を見て回るみんな

アンティークの椅子でくつろぐ
Annの家の家具はどれも古くて素敵だ

今回はIrene Wellington Educational trustの一環として
Annの恩師であるIreneの作品の鑑賞と解説、
ポストカード、ブック・マーク、書籍の販売があった。

販売されたポストカード類。

Annの書斎にて
みんなで一斉にカメラをAnnに向けたから
Annはびっくり
そして大笑い

帰りにAnnの庭のりんごの木でリンゴ狩り

箱一杯になったりんごはアマダンへ
その後の私たちの食事によくりんごのデザートが
出されました


Old Schoolの前でハイ、ポーズ!
もうここに来ることもないかもしれない・・・

こうやって2日目は無事に終わった。


Sacred Geometry WS 4

 28日の朝、アマダンは深い霧に包まれて
幻想的な世界に浸っていた。
霧のせいか外に出ても寒くなく、
足元を濡らしながら英国式庭園を散策する
参加者の姿を多く見かけた。


小人が出てきそうな
かわいい家

ハロウィーン用(?)の巨大カボチャ

めずらしい紫いろのひまわり(?)

アマダンのリンゴの木

2日目午前までが山場、というのも
ここまでで幾何学の説明が終わるからだ。
これを乗り切りさえすれば、少し肩の荷が下りる。
しかし、ここから難関の
ルート長方形とピタゴラスの定義、逆数が待ち受けていた。



Sacred Geometry WS 3

 27日の午後はいきなりジグゾーパズルのような
クイズで始まった。
その前に、3の展開と4の展開も
作図法を聞く前に、ほとんどの人がクリアしていたので、
Annはすっかりみんなの理解力に感心して、どんどんと
進んでいったのだ。
”The Figure of seven(正7角形)”
この図はひと目見て、「うわぁ〜どうやって描くの???」
とひいてしまいそうになるが、丁寧に作図法の説明があり、
Annもできるだけわかりやすく、フリップ・シートに
説明しながら作図してくれた。

この作図にはこれまで以上に正確さが要求された。
コンパスの芯が太すぎてずれが生じると
なかなか7角形ができない。
Annの作品の図形の美しさと正確さをここで思い知ることになる。

午後のTea breakでおいしいお茶とケーキをいただいた後は、
Annの作品の制作過程を見せてもらった。

四季を表現した作品

これは唯一Annの手元に残っている作品のドラフト。
他はすべて美術館に寄付してしまったという。
ものすごく細かく切り離されたテクストのひとつひとつ。
最初おおまかに鉛筆でアイデアのラフをざっと書き、
それを今度はペンで書いて、細かい修正を入れて行く。
切り刻んでは貼り、デザインのチェックをしては書き直し、
を繰り返す。
大事なことは、常に全体と部分の調和を見ながら進めて行くこと。
どの部分を切り取っても、作品としてバランスがよく、
その上デザインとしても見ごたえのある面白いものであること。

納得のいくレイアウトになるまで、1つのテクストを
14種類も書いたという例(上の画像)を見せて説明してくれた。
迷ったら、とにかくすべて書いてみること。
作品作りに王道も近道もない。

これが完成作品

これまでただただ複雑で難しいと思っていたAnnの作品が
どのようにして生まれてきたのか、本当によくわかった。
想像以上に時間と手間暇をかけて作られている、ということが。
自分の作品作りに対する姿勢が、とっても恥ずかしくなる。



<< | 3/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: