Unique and Imperfect カリグラフィーWS in italy


 スタヂオポンテでもおなじみのイタリアのカリグラファー
モニカ・デンゴによるワークショップのお知らせです。

”Unique and Imperfect: Handwriting, an art of line and space"
「個性的で不完全:ラインとスペースの芸術である手書き文字」


2014年5月11日〜5月17日の1週間のWSです。

詳しくはこちらをご覧ください。

今回も彼女らしいタイトルのワークショップ。
長年、地元の小学校に招かれて、
毎週手書き文字のすばらしさを教える授業も
こなしてきたモニカですが、
彼女のカリグラファーとしてのユニークさは
ワークショップの対象をいつもオールレベルとしているところ。
経験者はもちろんですが、全くカリグラフィーの経験がないと言う人、
グラフィックデザイナー、
ブックバインディングをしているという人、
学校の先生、絵本作家などなど
ワークショップ参加者の肩書きはいつもさまざま。
それぞれの得意分野を活かした作品を作るよう
モニカは導いてくれるので、
出来上がった作品の幅広さといったら
他ではなかなか見られないくらいです。

今回の彼女のWSの見どころは、どうやら日本の書道と
西洋の書道(カリグラフィー)との違いに目を付けたところにあるようです。


西洋の書道−カリグラフィーは一般的にきっちりと同じサイズで
同じ行間、左右揃えて同じ幅に書くと言ったイメージが強いですね。
モニカいわく、「まるで軍隊のような感じ」
一方日本の書道の場合、(おそらくかな書道などの場合を言っていると思うのですが)
文字のサイズもいろいろ、行間などはちらしているのでまったく揃っていません。
一部揃えて書く書道の形式もありますが、全般的には
カリグラフィーと比べてかなり自由です。
モニカはその違いを比べて、その違いがどこから来るのか、
というところに興味を持ったようです。
日本と西洋(ヨーロッパ)の文化や芸術のバックグラウンドの違い、
を今回のWSでは参加者に意識してもらい、それを踏まえたうえで
両者を対話させた作品作りをしたい、
と考えているようです。

日本人の私もあまり考えていなかったことなので、
そういう視点でいろいろ調べてみると、
結構面白いものが見えてきました。
カリグラフィーを出発点として、
日本のデザインや芸術の歴史を紐といていくうちに
知らなかったことがたくさん出て来て
ワクワクしてきました。

というわけで、今回のワークショップ、
日本人の参加が不可欠なのです。
やはり日本の芸術論が日本人抜きで語られるのはねぇ・・・・・!
一緒にこのWSに参加して、いろいろ学んで議論して
おいしいものを一杯食べて
お腹いっぱい、胸いっぱい、ついでに頭も一杯になりましょう。

滞在するオトラントとレッチェという街の画像がたくさん届いています。
まるでギリシャのよう・・・そう、アドリア海に面したこの街の
対岸にはギリシャ(正式にはアルバニア、その隣がギリシャ)があるのです。

オトラントの海沿いにある古いお城。

遺跡でしょうか。

ここもオトラント。きれいな海!

オトラントにある古いお城。



港町の風情が漂っています。





レッチェのドゥオーモ広場

レッチェの街の様子。



オトラント城。
とっても複雑な形ですね。

オトラント大聖堂
ローズ・ウインドウがきれいです。


オリーブの巨木。

オトラントのことを紹介したブログを見つけました。
街の様子が詳しく書かれているので、参考になります。

参加してみたいという方、ちょっと興味があるけど、と言う方、
もっと詳しい内容をお知らせしますので、ご連絡ください。
申し込み締め切りは1月31日です。



小さなクリスマスーアルファベットの絵手紙と絵封筒+α展

スタヂオポンテの会員による、作品展のお知らせです。

ポストカードサイズの
アルファベットの文字入りカード。
さまざまな書体を繰り返したり、
日本語と一緒にデザインしたり。
風変わりなデザインや、斬新なデザイン、
定番のクリスマスカードなど。

最近ちょっと気になっている絵封筒。
封筒の小さなスペースに
切手と文字で絵本のような世界が描かれています。
思わず笑いが出るようなものから、
ほのぼのとした絵と文字のもの。
切手の使い方がとっても面白くて
見ていて飽きません。


日時: 12月5日(木)-9日(月)12:00-18:00(最終日16時まで)
 入場無料
場所:貸空間Shizuku
福岡市中央区大宮2-5-14
※西鉄平尾駅より徒歩5分。
最寄りのバス停は「平尾」(高宮通り、百年橋通り、いずれも)
お車の方はお近くのコインパーキングをご利用ください。

貸空間Shizuku HP http://kashizuku.net

ギャラリー主催者しずくさんのジュエリー作品と

初島さつきによるイラストの原画(今年8月〜10月まで

西日本新聞文化欄に掲載されたノンフィクション作家、足立倫行さん

による「我も行人」の挿絵10点)も同時に展示いたします。


主催:スタヂオポンテ www.studioponte.com




ひびきのこころーPiano live in Gingaso

 久しぶりに銀河荘でピアノコンサートを開催します。

ひびきのこころ
河合拓始ピアノコンサートin銀河荘
2013年11月23日(土)
15:00開場15:30開演

ピアノ演奏&カリグラフィーパフォーマンス&糸島食材の料理

銀河荘の空間・環境・集う人たちと耳・目・舌で交感するコンサート

去年東京から糸島へ活動の拠点を移したピアニストの河合拓始が、築130年の古民家、銀河荘では初めてのピアノソロライブを開催いたします。音の響きが柔らかい茅葺屋根と土壁に囲まれた懐かしい空間で、今と昔の時間が交差するひと時を過ごしてみませんか?

優しく異空間にいざなうサティの音楽、情熱を秘めたピアソラやオリジナル、黒澤明映画の音楽で知られる早坂文雄の日本の風土に根差した作品、和洋の民謡など、多彩な演奏曲目です。即興演奏では、カリグラフィーとのコラボレーションも披露いたします。自作の詩の朗読や鍵盤ハーモニカ、国内外で高い評価を受けたトイピアノの演奏もご期待ください!


第一部 15:30−17:00
河合拓始のピアノソロライブ+初島さつきのカリグラフィー
即興コラボレーション

プログラム(予定)
エリック・サティ「ジムノぺディ」「グノシェンヌ」

河合拓始「悲しみのミロンガ」「冥王頌曲」

「五木の子守唄」「スカボロー・フェア」

早坂文雄「室内のためのピアノ曲」

A.ピアソラ「バラの川」

即興演奏

その他


第2部 18:00-19:30
出演者と共に囲炉裏を囲んで食事会―
さかもとりょうりこうぼうの出張料理

いとしまの地元の食材を『たのしくてやさしい料理』を標榜する
さかもとりょうりこうぼう、坂本浩アレンジの料理を
出演者を囲んでいただきます。
囲炉裏に火を入れて、晩秋の夜長を音楽やアートの話
などで楽しみましょう。
10名限定(残席5名分有り)

河合拓始プロフィール
1963年神戸生まれ。東京芸術大学大学院修了。東京で20数年活動後、2012年から福岡県糸島市在住。現代音楽やクラシックのコンサート、即興演奏ライブ、トイピアノや鍵盤ハーモニカでの演奏会、朗読や舞台との共演、自作やポピュラー系楽曲の演奏など活動は多岐に渡る。CDも多数。九州一円・関西・東京・欧米で演奏している。
http://www.sepia.dti.ne.jp/kawai/

場所:銀河荘 糸島市長野1244 
チケット:第一部 2,000円(当日2,500円)※中学生以下1,000円(小学生以下無料)
第一部、二部通し券 4,500円(1週間前までに要予約)10名限定
問合せ、申し込みー電子メール satsuki@studioponte.com
(半角で入力してください)

 

新聞の挿絵 illustration for the newspaper

 エッセーの挿画という初めての仕事を
体験させていただいている。
西日本新聞社の文化欄に月曜から金曜まで
週に5回、50回連載される足立倫行さんという
ノンフィクション作家さんのエッセーにつける
挿画のお仕事である。

1枚目の挿画

8月5日に連載が開始。10月中旬くらいまで続く。
私は5回分で1つの挿画を描くことになった。

2枚目の挿画

毎回、内容と離れすぎず、密かにカリグラフィーで
暗号のようなキーワードを紛れ込ませることに
頭を悩ませている。

3枚目の挿画

やっと5枚描いた。
あと5枚・・・・・・。




シニカルな日常 銀河荘で作陶展 Ceramic art exhibition at Gingaso

 明日から始まる「シニカルな日常〜のり工房作陶展」
搬入作業を、今日作家本人と行った。
ギャラリーとして銀河荘を使うのも初めてのことなので
どんな感じになるか自分でも楽しみだったのだが・・・・。

玄関から続く土間の棚の上に不思議な世界が出来上がった。

昭和38年製のブラウン管テレビの上の
チビサンショウウオと
気の精

リラックスして寝そべるラビットサン

自転車をこぐメタポック星人と
おやじ君

おやじ君の悩ましげな表情

めんどく星人のごろ寝

いも虫君といもたま子
これは一応箸置きなんですけど・・・・

ごろんと仰向けのチビラビ

考え事をするラビットさん

おばちゃん

なでしこちゃん

たぶん気の精

サンショウおやじ

腕枕でお昼寝中のイグアナ



11:00- 18:00までお盆も休みなく開けています。
この夏はほんとうに暑いので、
手作りジュース(ジンジャーエール、梅のハチミツ漬け、紫蘇ジュース、柚子酵素など)
を銀河荘の炭酸水で割ったおいしい飲み物も用意してます。


この他、銀河荘当主の陶器作品(抹茶椀など)、
カリグラフィー手ぬぐい、ブックバインディング作品、
こだわりのかわいい天然木のスツール(椅子)数個、
手摘みの八女茶なども販売します。

人形はすべて表情が違う1点ものです。
観ていて思わず笑みがこぼれてきます。






銀河荘で陶芸展「シニカルな日常」 

 こういうのを
「キモかわいい」
というのだろうか。

初めてのり工房の陶芸作品を見た瞬間、
そのキョーレツな形と表情に目はくぎ付けになった。

その陶芸家は愛知県瀬戸で修業して、現在愛知県日進市在住。
そして、福岡では初めての個展を銀河荘で開催することになった。

「シニカルな日常 のり工房作陶展」

8月8日(木)−17日(土)11:00−18:00
場所:銀河荘 

8月8日は作家の福田紀子さん在荘

いもむし君
ダイエットに最適な箸置き

チビサンショウウオ
手のひらサイズで愛嬌たっぷり

チビサンショウウオ2

ブラックラビット


めんどく星人
めんどく星からやってきた(何のために?)
特技はゴロ寝、口癖は「めんどくせい」

ラビットさん

期間中はもちろん銀河荘は一般開放します。
いろりカフェもオープンの予定です。

ちょっとキモかわいい彼らに会いに、どうぞお越しください!



WSまだ空きがあります

 ここ数年、活躍の場を広げているイギリスのカリグラファー、
Margaret Morgan
7月6日(土)&7日(日)に
福岡のスタヂオポンテで ’Calligraphic Landscape'
(カリグラフィーの風景)のワークショップが開催されます。
6月21日現在、まだ5名分の空きがありますので、
内容を少し詳しくご説明いたします。

絵画の世界で有名な画家たちのマスターピースから
魅力的な構図、配色、遠近法などを学び、
そこで学んだものを、よりダイナミックでエキサイティングな作品作りに
どのように活かしていくのか、その方法を学んでいきます。

次のアーティストたちの作品を参考にするようです。
WS前に図書館やインターネットでチェックするよう
マーガレットから指示が出ています。

Leonardo da Vinci, Turner, Constable, Jacob van Ruisdael, Claude, Eugene Boudin 他の印象派の絵画。また、 Paul Klee, Picasso, Victor Pasmore, Mark Rothko and Cy Twombly.などの現代絵画


それらのアーティストがどのように

構図や空間の遠近法を利用しているのか、

色や線の質感、なにもない空間をいかに劇的な効果

または静寂を表現するのに使っているか。

 

WS中にデジタル画像でこれら参考絵画をお見せいたしますが、
もし可能でしたらWSの前にこれらの中からいくつか見ておいて
いただけるとWSのより深い理解を助けると思われます。

(マーガレットからのメッセージ)

今回のWSでは、
絵画の知識や見方を学ぶこともできるので
これまで、アートをアカデミックに学ぶ機会が
なかった方にとっては、とても有意義な内容の
WSとなるでしょう。
カリグラフィックな視点から
再度、世界のマスターピースを学ぶ体験は
カリグラファーにとって、新鮮な学びとなることは
言うまでもありません。


その他の持ち物リストはスタヂオポンテのHP
ご確認ください。



はじめての田植え First Rice- planting

今年初めてお米を作ることになった。

I am trying to grow the rice this year for the first time.
The farmer of my neighbor gave me the chance
to use his rice puddles.
He said " It takes a lot of works for me to maintain my puddles
and it costs a lot for me to grow the rice for my family.  It's
much cheaper to just buy the rice rather than growing by my self."   

近所の農家さんが事情があって
今年の米作りを放棄したため
この辺りで唯一田んぼを持たない
私のところにお鉢が回ってきた。

これは水を入れる前の状態。
代搔きは機械を持っている方が
してくださった。

水を入れた後の代搔き後の状態。
これで田植えの準備完了。

Before rice-planting

田植えの後の状態。

After rice-planting


とにかく、全くの素人ばかりで手探りでお米作りをするというのだから、
周囲の農家さんたちはきっとハラハラして見ているに違いない。
作業していると、知り合いの農家さんが時々偵察(?)に来ていた。

代搔き(田んぼの土を鋤く作業)の後水を張り、あぜ塗りをする。
今回はあぜ塗りも機械を持っている方がしてくださったので
かなり楽だった。

今回お米作り全般を指導してくださる
近所のKさん。

あぜ塗り用の鍬で、四隅のあぜをきれいに
補修するやり方をデモンストレーション
してくださった。

すべてが初めての私たちに
根気強く丁寧に指導してくださる。
本当にありがたいと思う。
Mr Kuga showed us how to use the hoe to
make the wall of the edge of the puddle.

水をたっぷり含んだ田んぼの泥は
思ったよりも扱いにくい。
それをいとも簡単に
鍬ですくってあぜに塗り付ける。

He is the master of rice growing this time.

すくった泥をあぜにのせて・・・

きれいに鍬で押さえる。
まるで左官さんの作業を見るようだった。


私たちもKさんに習ってあぜの補修を鍬でしてみる。

We have tried to make the wall of the edge
of the puddle, too.







私たちが借りる田んぼの下は
もう田植えが終わっている。

田植え初日。
朝8:30に田んぼに行くと
すでにKさんが田んぼに来て
田植えするための目安の紐を
張ってくださっていた。

田んぼの長さの麻紐の両側を
2本の竹の棒に結び付けて、
あぜの向こうとこっちに立てる。
竹の棒の間は約140cm。
この間に等間隔に5本の苗を植えていった。




慣れないうちは稲の間隔も
ばらばらで・・・・・
まっすぐに植えられない!

It was very difficult to plant
the rice straight for the first few lines.

2日目は人手も増えて4人。

幸い曇りだったので
体力の消耗も少なく。

初日と比べたら植える速さも倍くらいに。

After the several tries,  I have learned the
way and I've got used to do it.
It gets faster after a while.

台風が近づいてきていたので
雨合羽を来ての作業だった。

It was raining a little bit because
of the typhoon.


広く見えるようでも
2枚で8畝くらいしかない。
昔は2−3町(1町=10反―1反約330坪)の
田んぼを30人くらいで10日かかって
植えていたとのこと。


今日が初めての人も。
朝から約4時間ほどで残りの田植えが
終った。

We finished planting in four hours with four
people on the second day.


稲が蛇行してる!
有機的なラインはまるでカリグラフィーの
線と同じだと思った。

I have found out the line of the rice looks
the same as the line of calligraphy.
I was glad that the idea of spacing was useful
to plant the rice nicely.

前後左右の稲との間隔を瞬時に見て取り、
同じくらいの間隔で稲を植えて行く。
カリグラフィーのスペーシングが
こんなところで役に立つとは
思いもよらなかった!

You have to plant the rice with the
nice space around.

田植えが終わった後のお弁当の
美味しかったこと!
目の前には美しい田園風景が広がる。

The lunch was so good with the beautiful
view of rice puddle after working in the puddle!

作業の間中、すぐそばの山でウグイスがきれいな鳴き声を
聴かせてくれていた。
他にもいろんな小鳥や蛙の鳴き声、風が竹林の中を
吹き抜ける音、川の水が流れる音など・・・・
私たちを癒してくれる音に囲まれて、ほとんど疲れを
感じることなく作業できた。

We were surrounded with lots of nice sound
such as the voice of nightingale, frogs, water
and wind all the time so didn't feel tired.

私が大好きな水鏡の風景。
この季節のほんの短い間だけ
見ることができる。

This is one of my favorite view in my
village.  It's the mirror images of water in the
rice puddle.




お茶摘み体験と竹の子料理イベント

 去る5月18日に行われた銀河荘でのイベントの様子。
8人というちょうどいい人数で、家族か友達といっしょに
賑やかに食事を作ってみんなで食べるような感じ。

まず、裏庭のお茶の木の新芽(ちょっと伸びすぎ?)をみんなで摘んだ。


今回このホイロは使わなかった。
本格的なお茶作りに欠かせないこのホイロ。近所の農家さんから
譲っていただいた。土壁でできていて、死にそうに重たかった。
軽トラに乗せて、持ってきて、降ろして、
中に移動するのに、男性2名と私の3名でやっとの思いで
運んできた。後で腰がすごく痛くなった。



今回は摘んですぐに鉄の釜で炒った。













少し炒ってしんなりなったところでいったん釜から上げる。















てぬぐいを縫って袋にしたものに入れる。


ムシロの上で、てぬぐいに入ったお茶の葉を
ゴシゴシと力を入れて揉む。
揉んだお茶の葉をまた釜に戻してじっくりと焦がさないように
炒る。1時間以上。


今回火力がちょっと強すぎたかも?
お茶の葉はよく乾燥されていたけど。










ロケットストーブには薪の火が残っていたので
やかんをかけてお茶の準備。




ちょっと低めの温度で丁寧に揉んだばかりの
お茶を淹れる。
さわやかなハーブティーのようなお茶。

ロケットストーブ大活躍。
今度は中華鍋にごま油をたっぷり。
竹の子のから揚げを作る。
こちらは七輪に火をお越して、
竹の子バーガー用の竹の子を炒める。

竹の子のから揚げ。

ちらし寿司も作った。
竹の子とふきの佃煮、セリ、三つ葉、スナップえんどう、
ミョウガの梅酢漬けと木の芽をちらして。
すべて近所と自宅で採れたものだ。

玄米もお隣の田んぼでできた
有機無農薬。

楽々パンさんの豆乳ロール。
ちょっと甘くて噛みごたえもある。
麦と豆乳も自家製の安心安全なパン。
黒ゴマペースト、ダイダイの絞り汁、玄米酢、
味噌、しょう油で作ったソースを塗って
ニンニクとごま油で炒めた竹の子を挟む。
子供たちもたくさんお手伝いしてくれた。

みんなのお膳をならべて・・・・
料理を銘々のお皿に盛りつけて・・・・

お茶を淹れて、さぁ召し上がれ。




マーガレット・モーガンWS in スタヂオポンテ

『カリグラフィックな風景画-The Calligraphic Landscape』


 スゥエーデンでのWSより

  Helene Janssenの習作







Ragnviの習作(一部)

Hedvigの習作








Ingrid の抽象的なレイアウト

オールレベル(1-2書体かけた方がよい)

日時:2013年7月6日(土)〜7日(日)10:00-17:00

定員:12名

受講料:20,000円(スタヂオポンテ会員17,000円)

内容:このワークショップでは、近景、遠景、地平線など風景画の視覚的な表現要素

となるテクスチャー、パターンや動きを文字、言葉そしてテクスト全体を使って

エキサイティングに表現していきます。

「どのようにすればいいのか」だけではなく、「なぜそうなるのか?」にも焦点を当て、

作品が出来上がるまでのたくさんの試行錯誤や実験を通し、

作品を作る上でのさまざまな方法や

他の芸術形態から得たインスピレーションによる全体的な

アプローチの仕方を指導いたします。

マーガレットとWS参加者





アドバイスするマーガレット

※詳しくはスタヂオポンテHPをご覧ください。

(注:マーガレットのFacebookのアルバムにこのトピックの写真が載っています。
http://www.faebook.com/margaret.morgan.942/photos
の中のOslo Workshop November 2010)

『装飾文字の描き方ーPainting Illuminated Letters』


"Gothic Q"
マーガレットのイルミネーション作品

"Golden Jubilee"
マーガレットのパネル作品


オールレベル
日時:2013年7月8日(月)10:00−17:00
定員:12名
受講料:10,000円(スタヂオポンテ会員8,000円)
内容:もしあなたが伝統的もしくはモダンな装飾文字に興味があるのなら、
ギルディング(金箔)と装飾についてもマテリアルとテクニックを
理解することは作品を成功させるために
とても有用です。
そして、グアッシュを使った色の重ね塗りの技法と
シンプルなギルディングも含め、自身を持って作品制作が
できるようになるでしょう。

『スライドレクチャー&交流会』
【マーガレットの作品紹介とEuropa Scriptoriumの様子】
日時:7月6日(土)スライドショー18:00−19:00
交流会 19:30−20:30
参加費:1,000円(WS参加者は無料)軽食込み
※飲み物や食べ物の差し入れ大歓迎
スライドショーの内容:
マーガレットのセレクトされた作品をいくつかご紹介した後、
『Europa Scriptorium2012』の様子をまとめたものをご紹介します。
この作品展はヨーロッパで活躍している8名のカリグラファーが1週間
泊りこみで同じ「Jean Paul(18世紀ドイツの作家)」のテーマのもと、
作品を制作し、最後にそれぞれの作品を
展示するというエキサイティングな展覧会でした。
参加したのは、Ewan Clayton(イギリス)、
Margaret Morgan(イギリス)、
Jean Larcher(フランス)、
Helen Jenssen(スゥエーデン)、
Katharina Piper(ドイツ)、
Andrea Wunderlich(ドイツ)、
Loredana Zega Blazko(スロベニア)、
Carry Wouters(ドイツ)の
8名のカリグラファーです。
その時の様子や作品を収録したカタログも
今回販売いたします。


<< | 2/36PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: