イギリス人の食卓

 最近ラジオでイギリスの学校の子供のランチの内容が
基準の栄養価を満たしていない、という調査結果が
でたというニュースが流れていた。
こっちの学校は給食があるところもあるらしいが
お弁当を持参している所も多いらしい。
で、中身はというと
ポテトチップス(こっちではクリスプスという)、
スウィーツ(お菓子)、フルーツジュース(甘味料入り)という内容が
一般的だとか。
それってほとんどジャンクフードでは?
1300校中1%が基準を満たしていたらしい。

スーパーで買い物していても、
買い物かごの中身を見ると
ポテチやクッキーやチョコレートなどジャンク系ばかりとか、
ローストチキンだったり、肉やハム類たくさん買ってる人とか、

roast chickenローストチキン

サラミ、ベーコンハム、サラミ

cheesさまざまなチーズ

豚bloodソーセージ豚の腸のbloodソーセージ

人の買い物かごの中身からその人の食生活を
想像するのが結構たのしかったりする。
もちろん、みんなそんなのばかり
食べているわけじゃないけど。

こちらに来て、確かに最初はめずらしくて
日本ではほとんど口にしなかったような
食材にもたまに手を出したりして、
食生活が少し乱れている。
焼きたてのおいしいパンを見つけたり、

おいしいブラウンブレッド全粒粉でいろいろ入っていて
香ばしいパン
これで£1
左は羊のチーズ

おいしいお菓子もたくさんあるので
ついつい買ってしまう。

この前、チャリティーショップであるものが目に入った。
health meter

体重計。

電池式ではない、旧式のやつ。
ときどき体重管理をしてないと不安なので
即購入した。£3だった。
計ったら、日本の時と変わってなくてほっとした。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: