はじめての田植え First Rice- planting

今年初めてお米を作ることになった。

I am trying to grow the rice this year for the first time.
The farmer of my neighbor gave me the chance
to use his rice puddles.
He said " It takes a lot of works for me to maintain my puddles
and it costs a lot for me to grow the rice for my family.  It's
much cheaper to just buy the rice rather than growing by my self."   

近所の農家さんが事情があって
今年の米作りを放棄したため
この辺りで唯一田んぼを持たない
私のところにお鉢が回ってきた。

これは水を入れる前の状態。
代搔きは機械を持っている方が
してくださった。

水を入れた後の代搔き後の状態。
これで田植えの準備完了。

Before rice-planting

田植えの後の状態。

After rice-planting


とにかく、全くの素人ばかりで手探りでお米作りをするというのだから、
周囲の農家さんたちはきっとハラハラして見ているに違いない。
作業していると、知り合いの農家さんが時々偵察(?)に来ていた。

代搔き(田んぼの土を鋤く作業)の後水を張り、あぜ塗りをする。
今回はあぜ塗りも機械を持っている方がしてくださったので
かなり楽だった。

今回お米作り全般を指導してくださる
近所のKさん。

あぜ塗り用の鍬で、四隅のあぜをきれいに
補修するやり方をデモンストレーション
してくださった。

すべてが初めての私たちに
根気強く丁寧に指導してくださる。
本当にありがたいと思う。
Mr Kuga showed us how to use the hoe to
make the wall of the edge of the puddle.

水をたっぷり含んだ田んぼの泥は
思ったよりも扱いにくい。
それをいとも簡単に
鍬ですくってあぜに塗り付ける。

He is the master of rice growing this time.

すくった泥をあぜにのせて・・・

きれいに鍬で押さえる。
まるで左官さんの作業を見るようだった。


私たちもKさんに習ってあぜの補修を鍬でしてみる。

We have tried to make the wall of the edge
of the puddle, too.







私たちが借りる田んぼの下は
もう田植えが終わっている。

田植え初日。
朝8:30に田んぼに行くと
すでにKさんが田んぼに来て
田植えするための目安の紐を
張ってくださっていた。

田んぼの長さの麻紐の両側を
2本の竹の棒に結び付けて、
あぜの向こうとこっちに立てる。
竹の棒の間は約140cm。
この間に等間隔に5本の苗を植えていった。




慣れないうちは稲の間隔も
ばらばらで・・・・・
まっすぐに植えられない!

It was very difficult to plant
the rice straight for the first few lines.

2日目は人手も増えて4人。

幸い曇りだったので
体力の消耗も少なく。

初日と比べたら植える速さも倍くらいに。

After the several tries,  I have learned the
way and I've got used to do it.
It gets faster after a while.

台風が近づいてきていたので
雨合羽を来ての作業だった。

It was raining a little bit because
of the typhoon.


広く見えるようでも
2枚で8畝くらいしかない。
昔は2−3町(1町=10反―1反約330坪)の
田んぼを30人くらいで10日かかって
植えていたとのこと。


今日が初めての人も。
朝から約4時間ほどで残りの田植えが
終った。

We finished planting in four hours with four
people on the second day.


稲が蛇行してる!
有機的なラインはまるでカリグラフィーの
線と同じだと思った。

I have found out the line of the rice looks
the same as the line of calligraphy.
I was glad that the idea of spacing was useful
to plant the rice nicely.

前後左右の稲との間隔を瞬時に見て取り、
同じくらいの間隔で稲を植えて行く。
カリグラフィーのスペーシングが
こんなところで役に立つとは
思いもよらなかった!

You have to plant the rice with the
nice space around.

田植えが終わった後のお弁当の
美味しかったこと!
目の前には美しい田園風景が広がる。

The lunch was so good with the beautiful
view of rice puddle after working in the puddle!

作業の間中、すぐそばの山でウグイスがきれいな鳴き声を
聴かせてくれていた。
他にもいろんな小鳥や蛙の鳴き声、風が竹林の中を
吹き抜ける音、川の水が流れる音など・・・・
私たちを癒してくれる音に囲まれて、ほとんど疲れを
感じることなく作業できた。

We were surrounded with lots of nice sound
such as the voice of nightingale, frogs, water
and wind all the time so didn't feel tired.

私が大好きな水鏡の風景。
この季節のほんの短い間だけ
見ることができる。

This is one of my favorite view in my
village.  It's the mirror images of water in the
rice puddle.




コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/01/23 2:05 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/01/26 4:29 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/20 8:55 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/20 9:00 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/22 12:18 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/22 12:57 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/22 11:57 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/23 12:29 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/23 1:43 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/27 2:28 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/27 8:56 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/29 12:09 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/29 7:24 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/08/30 1:37 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/09/01 12:07 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/09/02 11:12 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: