お茶摘み体験と竹の子料理イベント

 去る5月18日に行われた銀河荘でのイベントの様子。
8人というちょうどいい人数で、家族か友達といっしょに
賑やかに食事を作ってみんなで食べるような感じ。

まず、裏庭のお茶の木の新芽(ちょっと伸びすぎ?)をみんなで摘んだ。


今回このホイロは使わなかった。
本格的なお茶作りに欠かせないこのホイロ。近所の農家さんから
譲っていただいた。土壁でできていて、死にそうに重たかった。
軽トラに乗せて、持ってきて、降ろして、
中に移動するのに、男性2名と私の3名でやっとの思いで
運んできた。後で腰がすごく痛くなった。



今回は摘んですぐに鉄の釜で炒った。













少し炒ってしんなりなったところでいったん釜から上げる。















てぬぐいを縫って袋にしたものに入れる。


ムシロの上で、てぬぐいに入ったお茶の葉を
ゴシゴシと力を入れて揉む。
揉んだお茶の葉をまた釜に戻してじっくりと焦がさないように
炒る。1時間以上。


今回火力がちょっと強すぎたかも?
お茶の葉はよく乾燥されていたけど。










ロケットストーブには薪の火が残っていたので
やかんをかけてお茶の準備。




ちょっと低めの温度で丁寧に揉んだばかりの
お茶を淹れる。
さわやかなハーブティーのようなお茶。

ロケットストーブ大活躍。
今度は中華鍋にごま油をたっぷり。
竹の子のから揚げを作る。
こちらは七輪に火をお越して、
竹の子バーガー用の竹の子を炒める。

竹の子のから揚げ。

ちらし寿司も作った。
竹の子とふきの佃煮、セリ、三つ葉、スナップえんどう、
ミョウガの梅酢漬けと木の芽をちらして。
すべて近所と自宅で採れたものだ。

玄米もお隣の田んぼでできた
有機無農薬。

楽々パンさんの豆乳ロール。
ちょっと甘くて噛みごたえもある。
麦と豆乳も自家製の安心安全なパン。
黒ゴマペースト、ダイダイの絞り汁、玄米酢、
味噌、しょう油で作ったソースを塗って
ニンニクとごま油で炒めた竹の子を挟む。
子供たちもたくさんお手伝いしてくれた。

みんなのお膳をならべて・・・・
料理を銘々のお皿に盛りつけて・・・・

お茶を淹れて、さぁ召し上がれ。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: