春の食卓 feast from spring garden

この季節は自然に生えている野草類が
柔らかく、アクも少なく、
美味しくいただけるものばかりなので、
食べる物に困らない。だから、ほとんど食料を
買いに行く必要もないので大助かり。

草取りをしたら、草に埋もれた中から
アスパラガスが見つかった。
採りたてをその場でいただくのが
一番美味しい。

芽が出ても、冬の間ずっと
小さいままだったそら豆も、
やっと背が伸び始めて花を咲かせていた。

からすのえんどうのジャングルに
覆われている銀河荘の畑。
ほとんど野草を育てているような感じ。

庭のあちらこちらに生えているツワブキ。
この時期のツワの赤ちゃんは
アクが少なくて柔らかいのでおいしい。

花真っ盛りの菜花。

天土萌えしている菜っ葉。
名前は分かりません。

一体誰が蕾を食べることを
最初に考えたのだろう。

花が咲く前の蕾を採って食べるなんて
考えたら贅沢な気がする。

菜っ葉系の花は、みんなとてもよく似ている。
葉っぱは違う形をしているのに。

白菜、小松菜、カブ、大根、菜花など・・・・。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: