蝉ーcicada

スタヂオに行く途中、須崎公園の中で
蝉がのそのそと歩いているのを見つけた。
歩道の真ん中だったから、誰かに
踏みつけられたら大変と、
そうっと手で持って木の根元に置いた。
すると、なんのためらいもなく上に
登り始めた。
 
よく見るとかわいい。
愛嬌のある目をしている。
ゆっくり、ゆっくり、
でも確実にあゆみを進める。
わき目もふらず、
途中休憩もせずに登って行く。

どこまでもどこまでも上に登っていく。
とうとう見えなくなってしまった。
明日の朝、立派に羽化して飛んで
いくんだろうな。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/09/09 2:31 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: