あかりのうた the song of candle light

 銀河荘での初イベント「あかりのうた」当日は
春にしてはちょっと肌寒い1日でした。
そこで囲炉裏に火を入れることにしました。
It was a first time to hold an event in Gingaso.
The workshops of making Japanese candle were full.
This candle was made from the Haze tree - Japanese wax tree.
They are friendly to the environment and safe for personal use.


いろりカフェの周りで玄米おにぎりランチを
召し上がる人たち。

People who eat lunch around Irori- the
fire place cut in the middle of the floor.



朝炊いた玄米おにぎりと自家製のぬか漬け、
(おばあちゃんの代から譲り受けた100年ものの
ぬか床のお漬物はとってもいい味なのです)
つくしとごぼうのきんぴら、庭で採れたセリのお浸し
と具だくさんみそ汁がその日のランチメニューでした。
The menu was
brown rice balls,
home made pickled white radish,
kinpira (fried and boiled down in soya sauce) of horsetail and gobo (burdock root)
and ohitashi (boiled and soya sauced) seri (Japanese parsley or dropwort),
and miso soup with lots of begetables.
 They are all from the garden in Gingaso.
 

櫨ろうそく作りワークショップは
2回とも定員いっぱいとなり、
みなさん一生懸命灯心草(イグサの種類)
の芯取りに挑戦してました。
They worked hard to take out the
sponge of the grass in the center.
The wick of Haze candle is not made from
either hemp yarn or cotton yarn.
It made from "Toshinso" kind of rush and Japanese paper.
It's like sponge.  It absorbs Japan wax well more than hemp or cotton.
When the burning goes on the Toshinso pith, we can find the shimmering
as if it lives.

芯がうまく長く取れたら、
和紙のこよりにくるくる巻きつけて、
その上に絹のわた(お蚕さんのまゆを
といたもの)をうすーくショールのように
巻きつけて、ろうそくの芯の出来上がり!
その芯を陶器の器に立てて、
櫨ろうを溶かしたものを流し込みます。

かまどでみそ汁を作りました。
裏の畑で採れた大根、里芋、しいたけ
など具だくさんの味噌汁です。
I cooked Miso soup by Kamado,
a traditional cooking stove with
a big pot.


土間では櫨蝋燭ができるまでを
段階ごとに展示しました。
櫨の実→実を細かく砕いたもの→
蒸す→圧縮して絞ったもの→
ろ過して固めたもの(これが櫨ろう)
それをさらに日光にあてて白くしたもの。
(白蝋)

Showing how to make Haze wax from the seeds of Haze tree.

これは手作りの櫨ろう絞り機。
志摩に住むT氏がトラック用の
ジャッキに改良を重ねて
実用化できるものを作られました。
8トンの圧力がかかります。

This is the press made from a jack for
the truck.  It can press maximum of
8 tons.  A person who lives in this area
made this press for use.

土間の棚では、櫨ろうそくやそれにちなんだものを
展示即売。

伝統の手がけ製法による「ろうそく」は、滋賀県にある近江手作り和ろうそく「大與」。
 手がけは素手で蝋を何回も繰り返し塗り重ねていく製法です。この製法ができるのは、融点が低い(約51度前後)櫨蝋だけ。内側と外側の蝋の品種を変えることで、ほとんど蝋だれせずに静かに燃えていくそうです。

その他はぜろう100%のワックスは家具のみならず顔にも塗れます。知り合いはリップクリームとして使っているとか。

We showed some products of Haze wax on the shelf. 

There were some candles made by

professional craftsman, too.


そして、第2部の篠笛とギターの夕べ。
囲炉裏の間や奥の座敷、土間にまで人が溢れ、2人の篠笛奏者と
ギタリストのエレキギターの音色が妙にマッチした
素敵な夕べとなりました。
だんだん暗くなっていくに従って、
室内に灯した20個ほどの櫨ろうそくの炎が
ゆらゆらと笛とギターの音に反応してゆれる様は
幻想的で、時間を忘れてしまいそうでした。

In the evening, we enjoyed the concert of Shino bue, Japanese flute and
guitar without electric light but Haze candles.
囲炉裏には薪と炭を入れ、
照明は演奏者のスポットのみ。
薄暗い中でも暖かい灯りが
見る人を包んでいました。
The light of candles were so warm
and beautiful.  The flame of the candle
was flickering by the sound.

The traditional Japanese candle, Haze wax candle, produces little soot
and its wax does not drip, resulting in an attractive, flickering burn.
Japanese people love the Japanese wax candle for its stunningly beautiful
flame.


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/12/19 2:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: