イギリスの商店2

 いわゆるイギリス人のお店は、
閉店時間にとっても厳格だ。
というよりは、閉店時間よりも早く閉める傾向が強い。

この前、近所の文房具屋さんに、
どうしても必要な文具を買いに走った。
金曜日の午後5時前だったので、5時閉店だったら、
かなり危ない。
これを逃したら月曜まで買えない。

息を切らして辿り着いたら、案の定店のドアは
閉まっていた。中にはまだ店主がいたので、
もう閉店したのか、と聞くと、
「月曜日に来い。」と言う。
泣く泣く家に戻った。

郵便局で長い行列を待っていたら
閉店時間の5時半前10分くらいにやっと窓口に辿り着いた。
小包を計ると2キロを少し超えていたので
中を開けて軽くして出そうと思ったら
「もう閉店だからだめだ。この窓口はもうしめる。」と言う。
まだ5分以上残っていたのに、締め出されてしまった。
そして本当にさっさと窓口を締めてしまった。

彼らは閉店時間は帰宅時間と思っている。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: