Annの親友たちと小旅行-National Trust編その2

1本の丸太をくりぬいたベンチが置いてあった。
 
かなり大きな木の丸太の
どっしりとしたベンチ。

花以外にも面白い植物がいっぱい。
ツンツンと葉っぱが地面から出ていた。

葉っぱの真ん中から紫色の
花のようなものが出ていた。

道の両側にぎっしりと植えられた
さまざまな植物たち。
見とれながら歩いていると
みんなから遅れてしまった。

小一時間も歩くと元の場所に戻ってきた。
きちっと刈り込まれた生垣は木とは思えない。

よく見ると生垣の上を走っている動物が。

ここでは犬が向かい合って座っている。

チューリップ?
ちょっと小ぶりだが
姿が可憐で珍しい種類?

生垣の上を走りまわる犬たちを発見。


彼らは元気に飛び回っていた。

生垣をぐるぐる回り、
障害物を飛び越えて。


生垣と同じ木から作られているとは思えないくらい
とてもよくできていた。
こんなにかわいいTopiary(トピアリー)
を見るのは初めて。

最後にアート作品のようなトピアリーを鑑賞して
午後5時の閉園時間になり、公園の外へ出る。
とても自然に見えるけれど、公園の中は隅々まで
よく手入れが行き届いていることに感心してしまう。
これだけ広大な園内を保全するのに、どれだけの人が
働いているのだろう。
Kateが言ってた。
「ここのようなNational Trustで働いている人たちは
とても幸せね〜。きっと毎日が楽しいでしょうね。」
みんな同感。

そしていよいよ今日の最終目的地、Bidefordへ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: