Annの親友たちと小旅行-National Trust編その1

ふたたびDevonの田園風景の中、
車2台のドライブは続く。
 
あちらこちらに菜の花畑が。
ドライブしながら彼女たちのおしゃべりも
果てしなく続く。
Kateがこんなことを言っていた。
"if you don't think about positive thing,
don't say anything."
(もし前向きなことが考えられないのなら
口を開かないで。)

なだらかな丘のアップダウンが続く。

次に訪れたのは
Knightshayes Court National Trust

広い庭園とビクトリア朝のお屋敷のある
美しい公園だ。

閉園の5時までは約2時間程度あったが、
広い庭園のすべてを回ることはできない。
Annはこの公園に来たことがあった。
なんとAnnは、National Trustのlife time
メンバーだった。彼女の祖母が子供の時に
誕生プレゼントとしてAnnに生涯会員権を
購入してくれたそうだ。

私たちは庭園のごく一部を
見て回ることに。

庭園の植物地図を貸し出してくれた。
これを見ながら回ると、どんな花や植物があるかよくわかる。



広い庭園の中を歩くAnnとそのともだち。

ちょうど季節はRhododendron
(シャクナゲ、ツツジ)が真っ盛り。


サーモンピンクのシャクナゲ。

これもシャクナゲ。
1本の木だろうか。
かなり大きい。

シャクナゲの色もサーモンピンク、
ピンク、赤、紫、白、黄色など
さまざまあるのにびっくり!




この深紅のシャクナゲは
強烈だった。



ブルーベルもいろいろ。










とっても可憐。
すべての花が下を向いている。

まるくてちいさくてかわいい。

木の種類も面白いものがいろいろ。
木の葉の色がグラデーションになっていた。
内側が濃い緑で外に向かって明るい黄緑色。

春の柔らかい新緑がまぶしく光っていた。
同じ緑とは思えないくらい、
木々の緑の色の幅は広く
本当に美しかった。





Annは何度も
「ほら、見てごらんなさい!木の緑の色って
なんていろいろあるのかしらねぇ!」
と街路樹や山を見るたびに感動していた。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: