Annの親友たちと小旅行-Cheddar Gorge編

今回Annを訪ねたもう一つの理由は
Devonで行われるワークショップに参加することだった。
Annの親友の1人、Kateが主催して、
彼女の妹のPip(ピップ)が運営するB&Bとカンファレンスセンター
Hallsanneryで地元のアーティストPeter WardのWS
”Painting with the earth"を開催するというので
一緒に参加することにした。
そして金曜の朝9時半、Annの家に迎えにきたKateと
もう1人の友達JudyとIvonneと私の計5人、
車2台でのドライブが始まった。
距離にして約100キロと結構な道のり。
途中寄り道しながらの楽しいドライブとなった。

途中寄ったところのひとつ、チェダー峡谷。
日本でもおなじみのチェダーチーズの
産まれた場所だ。
チェダーとは地名で、この辺りは
石灰岩が切り立っていて洞窟がたくさんあり、
その洞窟の中でチーズを熟成させて
産まれたのがチェダーチーズとのこと。
他の地域で作られたチェダーチーズもたくさんあるが、
この地域で作られたもののみをチェダーチーズと
呼ぶようにする運動をしているらしい。

Kate曰く、「まばたきをする間に通り過ぎてしまう
ほんの小さなグランドキャニオンのようなものね。」
ところが、この峡谷の曲がりくねった道は
イギリスには珍しく、十分に山道らしくて
日本の山のようだった。
道の両側にそびえる切り立った断崖絶壁は
ロッククライミングする人もいるというくらい
かなりの迫力があった。


山のかなり上の方からの眺め。
遠くかすんで見える四角い建物3つ。
ブリストル海峡にのぞむ
Hinkley Point nuclear power stationである。
イギリスでは現在10基の原発が稼働しているらしい。

山道を進んでいると
羊の親子の群れが道をふさいで
くつろいでいた。
車でゆっくり近づくと、
やっと移動し始めた。

なんとイギリスの山にはわらびが
たくさん自生している!
ところがイギリス人はわらびを食さない。
だから蕨の摂り放題なのだ。

もったいない!

山の頂上付近はほとんど木も生えず
野焼きの後があった。


適当な場所を見つけて
ピクニック。
持ちよったスープ、サンドイッチ、
コーヒー、おやつ・・・・。
ちょっと風があったけど
気持ちよかった。



野生なのか、周囲には馬もたくさん放牧
されていた。
馬の親子も何頭もいた。
春はどこも親子連れが多い。

ランチの後は古い教会のある村へと向かった。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: