さくらの季節

 日本の地震が起きてからあっと言う間に1カ月が過ぎてしまった。
最初の1週間ほどはこちらでも新聞やラジオで毎日報道され、
遠く極東での出来事とは思えないくらいの特別な扱いが続いた。
さすがに1週間、2週間経って来ると、頻度は少なくなり、
代りにリビアやアフリカの革命戦争のことを大きく取り上げている。
どちらも政府軍が国民に向けて銃やミサイルを発射するという
異常事態だ。

とはいっても、1日に最低数回はいまだに地震関連、主に
原発の状況を報道している。
イギリス特有のブラックユーモアもラジオから聞こえてきた。

A「原子力船が寄港する際は、1日外出を控えるように。」
B「じゃあ、原発が爆発したら、何百年も外に出られないっていうこと?」
など。

最近のイギリス国民の関心は、やはり原発の動向だ。
現在のリアクターの状況についてと、
原発にエネルギー依存する現代の政策を
今後どうしていくべきか。
原子力エネルギーに関わる専門家の意見は両方で、
二酸化炭素の削減に原子力エネルギーは必須と言う人、
いや、今の人間の能力では原子力エネルギーは使いこなせない
と言う人。

毎晩遅くまで日本の地震関連ニュースなどをインターネットで
見ているうちに、季節は冬から春へ移り変わっていた。
いつの間にか、湯たんぽは要らなくなり、
日差しが強くなって、部屋の中もかなり明るくなった。
バスルームで書く必要もなくなった。

さくらの花が散り始めていた。

フラットの庭になんとピンクと白の
さくらの木があった。
さくらさん、今まで気がつかなくてごめんなさい。

木陰にはパディちゃんが昼寝をしていた。

呼んで起こすと眠たそうにあくびをした。

陽気に誘われて
バスに乗ってHightgate Woodという
公園までお散歩に出かけた。

公園は子連れや若者でにぎわっていて
中のカフェもほぼ満席。
アイスクリーム屋さんの前には
長い列が。

この写真のおとうさんとおかあさんは他人です。
それぞれの子供がそれぞれ相手のおもちゃで遊んでいるので、
一緒に遊ぶことになったようです。
こちらでも、親同士が公園で知り合いになったりするのでしょうか。

裸足になってバトミントンやフリスビーに興じる若者たち。

最近は夜9時過ぎまで明るくて午後が長いので
なんだかのんびりしてしまう。
これからの季節、夜更かしに注意。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: