冬のParisその3−Musee D'Art Moderne

 寒くてもパリーということだろうか。
観光客の姿はメインストリートに出ると多く、
やっぱり冬でも関係ないのかなぁと
寒がりの私は驚いてしまった。

サクレクール寺院から。
朝もやで霞む街並み。

Fredericから、「今ちょうどMusee D'Art Moderne
(現代美術館)でBasquiat(バスキア)展をやっているから
是非見に行くといい。」
次の日は美術館めぐりとなった。
午前中にGuimet美術館で東洋美術を鑑賞し、
午後からモダンアートの鑑賞。
バスキアはここでも人気だ。
とっても混んでいたが、
中に小学生くらいの集団が2−3グループ来ていて、
ひとつひとつの作品の前に座って
先生の説明を熱心に聴いている。

バスキアの作品を前に話を聞く
子供たち

〈あーこんなに小さな頃から生のモダンアートに触れる機会が
あるなんて、なんてうらやましい!
アートのセンスが違ってくるのは当然だわ。〉

とつくづく思う。
イギリスの美術館でも
いつ行ってもたいてい小学生から美大生のような学生まで
団体で訪れてノート片手にメモをしたり
スケッチしたり、という姿を見かける。

Guimet美術館では、日本美術のコーナーで
仏像を前に先生の説明を聞く小学生の姿があった。
アジアのアートまで勉強するなんてフランスの子供恐るべし。

自分が学生だったころ、どれくらい本物に触れただろうか、
と思い返してみた。
 美術の教科書に載っていた写真の記憶しかない。
日本美術ですら、本物に触れたのは
大人になってからのことで、
西洋美術なんて、印刷物やせいぜいテレビで観たくらいだ。

バスキアは28歳でドラッグ
の取り過ぎで亡くなった。

破滅型アートはなぜか観ていて
苦しくなる。
この作品は色が好きだ。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: