Bus stop not in use

  いつもの最寄りのバス停からバスに乗ろうと思って行くと、
"This Bus stop is not in use"
という黄色い帯がバス停のサインに巻かれていた。
道路工事でバス停にバスが止まれないということらしい。
しかし、その表示の他は、どこにいけばいいとか
なにもそれ以上の情報はない。
仕方なくひとつ戻るとそこにも同じ表示が。
「えー、どこへ行ったらバスに乗れるの〜」
と重たい荷物を引きずりながら行ったり来たり。
1つ先のバス停の方へ行くと、
人だかりしているのが見えた。
「きっとあそこでバスが止まるんだ。」
ほっと胸をなでおろす。
こっちは、異常事態が起こっても
地下鉄内やバス車内のアナウンスで
知らせるということをしない。
ましてや、丁寧に「どこそこのバス停まで行ってください」
などと書かれたチラシがバス停に張られていることもない。
だから、もしそういうことに遭遇しても
あわてずに次のバス停まで歩いてみるしかないのである。
この国ではこういうことが日常なので、
イライラしても仕方ない。




コメント
【イライラしても仕方ない】
っていう諦めの境地…素晴らしい…

私はバスの運転手とケンカしました
我慢に我慢を重ねた上、キレました

日本のサービスは
世界1なので
お客様は神様でない
外国へ行くと
ありがたさを実感しますねえ!


  • yukiko
  • 2010/09/03 12:58 PM
yukikoちゃん喧嘩しちゃったんだ。
でもその気持ちよ〜くわかりますよ。
こっちは自分の意見をかなり強気で
(喧嘩するくらいの勢いで)主張しないと
本当に損してしまうことがあるから。
「お客様は神様」という言葉、イギリス人
が聞いたらどう思うだろうなぁ、といつも
思っているけど、聞く勇気がないです。
たぶん理解してもらえない・・・・。

ただ、驚くことに、そうとう怖い顔でやり取りした後、問題が解決したら、ころっと
笑顔であとくされなく冗談言ったりするからすごいです。
  • sakura torako
  • 2010/09/05 8:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: