Bookbinding WS @ 福岡

 約1年間にわたってロンドンの
The InstituteのBookbinding クラスで
伝統的な技術を初歩から学んできた。

最後に本格的な革をSpineに使った
製本を学んだ。

とは言っても、
やっと5冊できたくらい。
それでも、基本的な技術はなんとか
分かってきたかなぁ。

Geneがお手本を見せてくれている。
革が乾く前に作業しないといけない。
速さと正確さが要求される。

製本がすんだクラスメートは
本を入れるBox作りに取り掛かった。
大きすぎず、小さすぎず、
ぴったりのサイズに作るのが
とても難しそう。

やっと自分でも
いくつものセクションを縫い繋げて
本らしいものがそれなりに
作れるようになったのは
うれしい。
本って、実は結構手作りが
簡単にできる。
(いまさらという気もするけど。)

掌サイズのミニチュア・ブック。
余った材料でできるけれど、
ちょっと細かい作業が大変。

この手作り本の喜びを
スタヂオポンテのみなさんにも
お伝えしたくて、
今回の帰国の際にワークショップを開催します。
"Multisection sewing"
9月19日(日)10:30-16:30
スタヂオポンテにて
オールレベル対象

※ポンテの会員さんでなくても参加できます。

(詳しくはこちらをごらんください。)


最近雨が多くて、ずっと家にこもって
いたので、3冊もできてしまいました。
7cmくらいのミニチュア・ブックも。


ブックバインディングのWSはこれまでも
やったことがありますが、
今回のそれは伝統的な技術を伝授いたします。
カリグラファーのよく作る
アート・ブックではありません。
ただ、1日(5時間)で最後まで完成させられるか、
というのが課題です。
というのが、私たちは結構何回もかかったから。
1回2時間半のレッスンで2カ月とか。
とにかく、時間内に完成できるよう
何とか工夫して何冊も作って試行錯誤しています。
どうぞお楽しみに!
William Morris Galleryで見つけた
Wall paper柄の紙でできた本。
今回のWSでもこれを使って
制作していただけます。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: