イギリスの福祉

 BBCラジオでこんな問題を取り上げていた。
「この国の福祉サービスは、やり過ぎかどうか?」

シングルペアレントの場合、子供の数に対して
かなり充実したサービスが与えられるので、
母親が1人でも働かずして、
3人とか5人とかたくさんの子供を
ちゃんとした家に住んで、
それなりのいい暮らしができるらしい。

この前、新聞に取材されていた母親は
無職で3人の子供がいて、
結構いい家に住んでいて、
上手にやりくりして車や健康器具などを購入し、
かなりいい生活を送っているように見えた。
彼女はこう言う。
「子供3人をきちんと育てる専業主婦の仕事は、
月に30万円以上もらう仕事をするに値するくらい、
きついし大変な仕事よ。
私はその義務をちゃんとはたしているのだから、
それなりのサービスを受けるのは
当然だと思っているわ。」

シングルではなく、両親がいる場合でも、
児童手当は厚いようで、
リスナーからはこんな電話が。
「うちの近所に住んでいる親は
子供が2歳になったら次々に子供を作って、
今では6人いるが、2人とも働かずにぶらぶらしている。
そんな親たちのために、高いTAXを払うのはごめんだ。」
ちなみに、2歳までは児童手当がとてもいいとのこと。

日本から見ると羨ましいくらいの福祉の充実ぶりだ。
イギリスはここ数年出産ブームと聞くが、
この福祉なら子供を安心して産める。
その反面、家賃を払えなくて、
ホームレスになったり、
ホームレス1歩手前の、親類や友達の家を
渡り歩く人などが増えているのも事実。

イギリスの経済状況は今、決していいとは言えないようだ。
ほとんどの美術館が無料ではなくなった時
この国の価値は(私にとっては)
かなり下がってしまうだろうなぁ。
地下鉄も高いし・・・・。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: