イギリスの学校

 ブックバインディングのクラスに来ている仲間で
同じバーネット地区に住んでいるPouline Neuster
(新星なんて名前、こちらでも珍しいらしい)
が、来期のサマータームには来られないかもしれない、
という。
「息子(11歳)が今度セカンドスクールに行くのだけど、
希望していたState school(いわゆる公立中学)
はとても競争率が高くて(20名の枠に1000人の希望者!)
入れなかったの。」
近くのState schoolは評判が悪いので、仕方なく
私立に行くことにしたらしい。
「そこは1000年の歴史のある、とてもいい男子校なの。
1クラス18人くらいで、スポーツが盛んで、
ラグビーが好きな息子はとても喜んでいるのだけど・・・・。」
聞くと、授業料が1年間で20,000ポンドという!
聞き間違いかと思って、思わず聞き返した。
約300万円ということになる。さすがイギリスの由緒ある学校、
授業料も半端じゃない。

「だから、私も働きに出ないといけないわ」
それを聞いて講師のGeneはとても残念がった。
「君はとても上手だし、もっとやったらきっと
これから素晴らしいブックを作ることができるよ。
君のような生徒を失うことはとても残念だ。
でもなるようにしかならないんだろうね。」

作業するpoulinePouline(右)

pouline and minePouline(左)と私の
ブックカバーの紙の感じが
偶然とてもよく似ていた。
この前作ったマルチセクション
ブック。

私もせっかく仲良くなって、これからもっと
いろんな話をしたかったのでちょっと残念。

そう言えばラジオでも最近
セカンドスクールの第一希望校に行ける人は
ほとんどいないという調査結果が出たと
言っていた。
イギリスの学校事情は最近とても悪くなっていて、
授業料の高さに学校のサービスの内容が
比例していない、という苦情が
学生たちから多く出ているそうだ。
経済危機のあおりを受けて、学校の補助金も
削られているらしい。
その話、どこかで聞いたような・・・?



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: