手揉みのお茶の作り方-How to make green tea by hand

 新茶の季節ではありませんが、来年の5月に手摘み、手揉みで
お茶作りをするための勉強会をします。

手揉み名人に教わる、お茶揉みワークショップ

日時:10月18日(土)10:00−16:00
場所:銀河荘



みなさんが普段口にしているお茶はすべて機械で蒸して揉んで作られていますが、
30年ほど前までこの地区では各家庭でお茶を摘み、手で揉んだり炒ったりした
自家製のお茶を飲んでいたそうです。

しょうけに摘んだ、新茶の若葉

銀河荘ではその手揉みの技術を受け継ぎ、再び家庭でも自家製のお茶を飲む
習慣を取り戻せたら、との思いから、去年お茶を作る道具ーホイローを譲り受け、
お年寄りから伝授してもらいながら手揉み茶に挑戦しました。
そして、素人ながら市販のお茶とは一味もふた味も違う、さわやかで
何杯も美味しく出るお茶が出来上がりました。
そして、この感動をもっと多くの方とシェアしたいと思いました。

今回、全国でも有数のお茶どころ八女茶の青年部の方をお招きし、
全国レベルの手揉み茶の作り方を伝授していただきます。

お茶の手揉みで福岡県大会個人の部3連覇という実力をはじめ、
3名の若手後継者から、手取り足とり手揉み茶の行程を
指導していただきます。

なんと、最後に出来上がった手揉み茶は、お土産に持ち帰っていただけます。
(ちなみに、手揉み茶は普通流通しておりません。ですから、
値が付けられないとのことなのです)

手揉み茶は、機械揉みのお茶とは比べ物にならないほど美味しいです。
その奥の深い技術を伝授していただける、めったにない機会となるでしょう。

使用するお茶の葉は、今年の貴重な新茶を蒸して冷凍したものを
用意していただきました。
(こちらも100グラム20,000円というレアものです)

※手揉みしたお茶と、八女茶、八女産の紅茶の試飲有り。

八女茶と八女産紅茶の販売も有ります。


参加費:1,700円 (手揉み茶のお土産付き)
※小学生以下無料

昼食は各自でご用意ください。

※銀河荘のかまどで炊いた玄米おにぎり2個300円(要予約)

持ってくるもの:エプロン

なお、来年5月上旬に銀河荘でお茶摘み&手揉み茶作りをやる予定です。
今回学んだ技術を発揮して、一緒に美味しい手揉み茶を作りましょう。


去年のお茶作りの様子をご紹介します。
今年92歳のキミエさんが揉み方を
見せてくれているところ。
私のお茶作りの師匠。


まだやわらかいお茶の新芽

摘んだお茶の葉をむしろの上に干す

ホイロに貼る和紙を糊づけするための
小麦粉糊。
今回こんにゃく糊でうまく付かなかったため
急きょ小麦粉と水で糊を作った。
(口に入れるお茶を揉むので、市販の糊は使わない)

手漉き和紙を小麦粉糊で何枚も貼り重ねる。
今回は3−4枚重ねた。




 




端の和紙張りの仕上げが難しい。





むしろに干したお茶の葉を集めて、








かまどにはお湯を沸かして、








セイロにお茶の葉を入れて

1−2分蒸す

蒸し上がったお茶の葉をむしろに空けて

荒熱をとる

むしろの上でざっと揉む

ホイロの上の和紙がきれいに張れて準備完了

ホイロの中に炭とオキを入れて、

藁をのせる

藁を入れ過ぎて、炎が高く上がってしまい

あわやの冷や汗が・・・・

最初はお茶の葉を上に持ち上げるようにして

まだ湿ったお茶の葉をざっと乾かす





だんだん乾いてくる

次の段階、両手でボールを左右に転がすように

揉んでいく

だんだん揉まれたお茶の葉が細くなっていく

お茶の葉が乾いて行くに従って、

揉み方が変わっていく

随分乾いてきた

ここでお昼休み(3時間経過)

一旦お茶の葉をホイロから取りだす

休憩中にホイロの和紙に小麦粉糊を塗り直す

和紙にきれいなお茶の色が移っている

後半の揉み作業

どんどん乾くにつれ揉み方も難しくなる

6時間経過してほぼ出来上がり

市販のお茶の葉みたいに針のような細さには

ならなかったけど

まぁまぁの出来ということにしよう

山もりだったお茶の葉がこれだけになった

50年くらい昔に大工さんが作ったというホイロ

とっても丈夫で重たい

もうこれを作れる人はいないと言う

これからもずっと大事に使っていきたい


春の養生『鉄火味噌作り』ワークショップ

 古来より食薬として重宝されていた鉄火味噌は、
放射線、電磁波、抗生物質、化学物質などで
低下しがちな
免疫力を高め、春の解毒を促進してくれます。
折しも3.11から3年目の日。
身の回りの変化、食べ物のこと、これからの未来のこと、
陰陽五行や食養、養生などの話も交えながら、
みんなで楽
しく作りましょう。

3月11日(火)10:00〜15:00
銀河荘(糸島市長野1244)
参加費:3000円(材料費込。出来上がった鉄火味噌のおみやげ&お昼のお味噌汁つき)
定員:10名(予約制)
持ち物:持ち物:マイ包丁、マイまな板、
持ち帰り用タ
ッパ又は小ビン(140gくらい入るもの)、
エプロン、
おむすび(お昼用)
*お昼のおむすび、2個300円(無農薬陰干し玄米おむすび+ぬか漬付)
でご用意も可能です(★要予約)


講師:冨田貴史
京都在住。全国各地で暦、エネルギー、手仕事、自家発電などをテーマに、
年間300本以上のイベント・ワークシ
ョップを続けている。
『母笑み疎開保養大作戦〜海旅Ca
mp』共同代表。
2013年春、大阪中津にて養生のため
の衣食を自給する冨貴工房オープン。

ひびきのこころーPiano live in Gingaso

 久しぶりに銀河荘でピアノコンサートを開催します。

ひびきのこころ
河合拓始ピアノコンサートin銀河荘
2013年11月23日(土)
15:00開場15:30開演

ピアノ演奏&カリグラフィーパフォーマンス&糸島食材の料理

銀河荘の空間・環境・集う人たちと耳・目・舌で交感するコンサート

去年東京から糸島へ活動の拠点を移したピアニストの河合拓始が、築130年の古民家、銀河荘では初めてのピアノソロライブを開催いたします。音の響きが柔らかい茅葺屋根と土壁に囲まれた懐かしい空間で、今と昔の時間が交差するひと時を過ごしてみませんか?

優しく異空間にいざなうサティの音楽、情熱を秘めたピアソラやオリジナル、黒澤明映画の音楽で知られる早坂文雄の日本の風土に根差した作品、和洋の民謡など、多彩な演奏曲目です。即興演奏では、カリグラフィーとのコラボレーションも披露いたします。自作の詩の朗読や鍵盤ハーモニカ、国内外で高い評価を受けたトイピアノの演奏もご期待ください!


第一部 15:30−17:00
河合拓始のピアノソロライブ+初島さつきのカリグラフィー
即興コラボレーション

プログラム(予定)
エリック・サティ「ジムノぺディ」「グノシェンヌ」

河合拓始「悲しみのミロンガ」「冥王頌曲」

「五木の子守唄」「スカボロー・フェア」

早坂文雄「室内のためのピアノ曲」

A.ピアソラ「バラの川」

即興演奏

その他


第2部 18:00-19:30
出演者と共に囲炉裏を囲んで食事会―
さかもとりょうりこうぼうの出張料理

いとしまの地元の食材を『たのしくてやさしい料理』を標榜する
さかもとりょうりこうぼう、坂本浩アレンジの料理を
出演者を囲んでいただきます。
囲炉裏に火を入れて、晩秋の夜長を音楽やアートの話
などで楽しみましょう。
10名限定(残席5名分有り)

河合拓始プロフィール
1963年神戸生まれ。東京芸術大学大学院修了。東京で20数年活動後、2012年から福岡県糸島市在住。現代音楽やクラシックのコンサート、即興演奏ライブ、トイピアノや鍵盤ハーモニカでの演奏会、朗読や舞台との共演、自作やポピュラー系楽曲の演奏など活動は多岐に渡る。CDも多数。九州一円・関西・東京・欧米で演奏している。
http://www.sepia.dti.ne.jp/kawai/

場所:銀河荘 糸島市長野1244 
チケット:第一部 2,000円(当日2,500円)※中学生以下1,000円(小学生以下無料)
第一部、二部通し券 4,500円(1週間前までに要予約)10名限定
問合せ、申し込みー電子メール satsuki@studioponte.com
(半角で入力してください)

 

シニカルな日常 銀河荘で作陶展 Ceramic art exhibition at Gingaso

 明日から始まる「シニカルな日常〜のり工房作陶展」
搬入作業を、今日作家本人と行った。
ギャラリーとして銀河荘を使うのも初めてのことなので
どんな感じになるか自分でも楽しみだったのだが・・・・。

玄関から続く土間の棚の上に不思議な世界が出来上がった。

昭和38年製のブラウン管テレビの上の
チビサンショウウオと
気の精

リラックスして寝そべるラビットサン

自転車をこぐメタポック星人と
おやじ君

おやじ君の悩ましげな表情

めんどく星人のごろ寝

いも虫君といもたま子
これは一応箸置きなんですけど・・・・

ごろんと仰向けのチビラビ

考え事をするラビットさん

おばちゃん

なでしこちゃん

たぶん気の精

サンショウおやじ

腕枕でお昼寝中のイグアナ



11:00- 18:00までお盆も休みなく開けています。
この夏はほんとうに暑いので、
手作りジュース(ジンジャーエール、梅のハチミツ漬け、紫蘇ジュース、柚子酵素など)
を銀河荘の炭酸水で割ったおいしい飲み物も用意してます。


この他、銀河荘当主の陶器作品(抹茶椀など)、
カリグラフィー手ぬぐい、ブックバインディング作品、
こだわりのかわいい天然木のスツール(椅子)数個、
手摘みの八女茶なども販売します。

人形はすべて表情が違う1点ものです。
観ていて思わず笑みがこぼれてきます。






銀河荘で陶芸展「シニカルな日常」 

 こういうのを
「キモかわいい」
というのだろうか。

初めてのり工房の陶芸作品を見た瞬間、
そのキョーレツな形と表情に目はくぎ付けになった。

その陶芸家は愛知県瀬戸で修業して、現在愛知県日進市在住。
そして、福岡では初めての個展を銀河荘で開催することになった。

「シニカルな日常 のり工房作陶展」

8月8日(木)−17日(土)11:00−18:00
場所:銀河荘 

8月8日は作家の福田紀子さん在荘

いもむし君
ダイエットに最適な箸置き

チビサンショウウオ
手のひらサイズで愛嬌たっぷり

チビサンショウウオ2

ブラックラビット


めんどく星人
めんどく星からやってきた(何のために?)
特技はゴロ寝、口癖は「めんどくせい」

ラビットさん

期間中はもちろん銀河荘は一般開放します。
いろりカフェもオープンの予定です。

ちょっとキモかわいい彼らに会いに、どうぞお越しください!



お茶摘み体験と竹の子料理イベント

 去る5月18日に行われた銀河荘でのイベントの様子。
8人というちょうどいい人数で、家族か友達といっしょに
賑やかに食事を作ってみんなで食べるような感じ。

まず、裏庭のお茶の木の新芽(ちょっと伸びすぎ?)をみんなで摘んだ。


今回このホイロは使わなかった。
本格的なお茶作りに欠かせないこのホイロ。近所の農家さんから
譲っていただいた。土壁でできていて、死にそうに重たかった。
軽トラに乗せて、持ってきて、降ろして、
中に移動するのに、男性2名と私の3名でやっとの思いで
運んできた。後で腰がすごく痛くなった。



今回は摘んですぐに鉄の釜で炒った。













少し炒ってしんなりなったところでいったん釜から上げる。















てぬぐいを縫って袋にしたものに入れる。


ムシロの上で、てぬぐいに入ったお茶の葉を
ゴシゴシと力を入れて揉む。
揉んだお茶の葉をまた釜に戻してじっくりと焦がさないように
炒る。1時間以上。


今回火力がちょっと強すぎたかも?
お茶の葉はよく乾燥されていたけど。










ロケットストーブには薪の火が残っていたので
やかんをかけてお茶の準備。




ちょっと低めの温度で丁寧に揉んだばかりの
お茶を淹れる。
さわやかなハーブティーのようなお茶。

ロケットストーブ大活躍。
今度は中華鍋にごま油をたっぷり。
竹の子のから揚げを作る。
こちらは七輪に火をお越して、
竹の子バーガー用の竹の子を炒める。

竹の子のから揚げ。

ちらし寿司も作った。
竹の子とふきの佃煮、セリ、三つ葉、スナップえんどう、
ミョウガの梅酢漬けと木の芽をちらして。
すべて近所と自宅で採れたものだ。

玄米もお隣の田んぼでできた
有機無農薬。

楽々パンさんの豆乳ロール。
ちょっと甘くて噛みごたえもある。
麦と豆乳も自家製の安心安全なパン。
黒ゴマペースト、ダイダイの絞り汁、玄米酢、
味噌、しょう油で作ったソースを塗って
ニンニクとごま油で炒めた竹の子を挟む。
子供たちもたくさんお手伝いしてくれた。

みんなのお膳をならべて・・・・
料理を銘々のお皿に盛りつけて・・・・

お茶を淹れて、さぁ召し上がれ。




銀河荘の初夏のイベント

 5月以降のイベント予定です。
大人も子供に負けないくらい、
薪を使った料理作りに夢中になっているのを見るにつけ、
生活の中で火を扱う機会が少なくなったのは
本当に残念だなぁと思います。
銀河荘で火を扱う感覚を取り戻してもらえたらと
思っています。
●5月18日(土) 10:30-15:00

 『お茶摘み体験と筍の変わり料理』

無農薬のお茶を自分の手で摘んでお茶を作ってみましょう。
季節の野草や果物を使ったおやつと、竹の子バーガーなどを
一緒に作っていただきましょう。 料理には薪と炭を使います。汚れてもいい格好をしてきてください。 希望者は薪割り体験もできます。 詳しい内容はお問い合わせください。

用意するもの:エプロン、軍手、動きやすい服装、マイ箸 定員:15名 参加費:2,500円(お土産付き)、子供(小学生以下)1,500円 ●6月15日(土)10:30−15:00 『おやつやさんのおやつ教室〜
野草茶&野草の蒸しパンでデトックス!』
よもぎ、ビワの葉、笹の葉など身近にある野草で作るお茶はデトックス効果が高く、 毎日飲んでも安心です。意外と簡単に作れる野草茶と野草の入ったおいしいおやつを 一緒に作ってカラダのお掃除をしましょう。 用意するもの:エプロン、軍手、動きやすい服装、マイ箸 定員:12名 参加費:2,800円(昼食&野草茶のお土産付き)、子供(小学生以下)1,500円 ●7月27日(土)&28日(日)および 8月24日(土)&25日(日) 『古民家宿泊体験』 リクエストにお応えして、銀河荘の宿泊体験をしていただくことにいたしました。 一晩過ごして初めて分かる、田舎の夜の暗さや静けさ、小鳥のさえずりで目が覚める 朝のすがすがしさなどが体感できます。 土曜の午後から来ていただき、芝刈り(近所の山で薪拾い)、薪割り(希望者) 野草摘みなどをして、かまどでご飯を炊き、薪でお風呂を沸かし、 ゆったりとした時間を過ごしていただきます。 夜は月の明かりでお散歩も可能です。 部屋には蚊帳を吊ってその中でお休みください。 用意するもの:着替え、タオルまたは手ぬぐい、
洗面道具(無添加せっけんはあります)、 軍手、動きやすい服装、帽子 定員:5名もしくは1家族 参加費:1人5,000円から(料理や体験などの内容によっては、プラスしていただけるとありがたいです) ※2食付き


銀河荘これまでのイベント報告 past events in Gingaso

ほとんど口コミで来る人ばかりの銀河荘のイベント。
まさしく里山の隠れ家的存在なのだ。
Most of the people came to Gingaso by words of mouth.
It is the place of hidden in the rural area.

藤條虫丸さんと他3人のダンサーたちによる
即興ダンス(2月23日)
Mushimaru Fujieda and another dancers


冷たい空気の中、熱いダンスが繰り広げられた。
文字通り、火の回りを廻りながら4人の神様が
踊っているかのようだった。
It was a very cold night but the dancers
were so hot and they looked like four Gods
dancing around the fire.

気になっているけどなかなか来られない、
という人もちらほら。
そう、銀河荘に来られる人は少ない。
いろいろな意味で。
アクセスが簡単ではないし、
めったにイベントをしていないからだ。
それでも、これまでやったイベントに
遠くから来られた人もけっこういる。

『木を暮らしに活かす』(2月16日)では
薪割り体験に挑戦。
People tried chopping woods.

午後からはロケットストーブ作り。
参加者は20名を越え、大賑わいだった。
They made locket stove in the
afternoon.

『囲炉裏で味噌田楽を楽しもう!』(3月16日)
おなじみ、かまどで炊いた玄米ご飯と
季節の野菜のはいったけんちん汁。そして
菜花と練りゴマのお浸し。
They enjoyed BBQ of tofu, konnyaku,
 white radish, carrot and yam with sweet miso
in front of charcoal.


田楽は豆腐、こんにゃく、里芋、大根、人参に
特製の味噌を自分で塗って、囲炉裏の灰の中に
上手に立てて、4方が炭にあたるように自分で
回しながら焼いて食べてもらいました。

銀河荘に来る人は銀河荘に選ばれているのかもしれない。



虫丸さんが踊る modern dancer at Gingaso

 2月23日(土)18:00より世界を駆け巡る
コンテンポラリーダンサーの藤條(ふじえだ)虫丸さんが
韓国ツアーの帰りに銀河荘に立ちよって、
『天然肉体詩』を披露してくれます。
ダンサーは他に3人、詩の朗読とダンスとのコラボも。
どんなことになるのやら、想像もつきません!


『Beyond the Border dance live』
旅と芸をないまぜに、天と地、生と死、時空間そのものを自らの舞台とし、独自の世界で観る人を魅了してきた藤條虫丸さんによる舞踏ライブ。
九州と韓国の済州を結ぶアートプロジェクト、踊り旅「九州〜済州越境ツアー」の一環で糸島でのライブが実現しました。
人々が海を道とし、自由に交流していた時代の九州の玄関であった糸島で、根源的な生命力から生み出される「天然肉体詩」を観に来ませんか。
ライブのあとは虫丸さんを囲んでの交流会もご
ざいます。

日時:2月23日(土)
   18:00 開場
   18:30 開演
   20:00 交流会
場所:銀河荘(糸島市長野1244)
料金:1000円+交流会 500円(竈で炊いたご飯と採れたて野菜入りの味噌汁
を用意しています)
おにぎりのみ300円(玄米おにぎり二個)の販売もあります。
お問い合わせ:rei_tumbo@hotmail.com
       080−5081−1680


【出演】
藤條虫丸 Mushimaru Fujieda
GO YOSHINAGA
望月幸海 Sakimi Yu Mochizuki


【profile】
藤條虫丸 Mushimaru Fujieda
屋久島在住の半農半芸ダンスアーティスト。’72年演劇活動開始。大阪の劇団日本維新派(現・維新派)を経て、’89年より天然肉体詩人を名乗り、ソロダ ンサーとして国内外での公演・ワークショップ多数。’02年よりダンスグループ The Physical Poets 主宰。’04年春、屋久島へ家族と共に移住。
http://www.notus.dti.ne.jp/~mushimal/



GO YOSHINAGA
鹿児島生まれ鹿児島育ち。男。
踊りは祈り。踊りは瞑想。踊りは魂の叫び。
声にならない言霊を体現して、音楽と旅する踊り人。
高校卒業を機に、大阪でヒップホップやハウス、ストリートダンス全般の踊りを学び始め、
その過程で雑食的に巡り合わせた多種多様な踊りと音楽、人との縁に、生き方や価値観、思想、
精神性と刺激を受け、より自由で、純粋で在るために変化、アップデートを繰り返す。
“ヒト×オト×オドリ” 一期一会の空間を創出。体感。宇宙と繋がる。
日本各地で空間を染める瞬間を紡ぐパフォーマンスを行い、
ミュージシャン、DJ、アーティストとのコラボ、セッションを頻繁に行っている。
オルタナティヴな選択、心身の奥底から湧き上がる衝動、
価値観を越えて本質を体現すべく追求を続けている。
Live Installation "jipong"を主宰し、PUMPKINGのメンバーとしても多方面で活動。
原発いらない!再稼動反対!放射能にビビってる。
http://pumpking.biz/



望月幸海 Sakimi Mochizuki
ダンスグループ”The Physical Poets"ダンサー
熊本県宇城市三角にある、エコビレッジ・サイハテの住人
服飾デザイナーとして、コスチュームの制作もおこなう
埼玉県出身



【銀河荘】
銀河荘は明治十八年(一八八五年)に建てられた、築百二十年以上の鍵型の茅葺き古民家です。
二〇〇四年、職人さんの手仕事により茅の葺き替え、土間、竈、囲炉裏などを改修し二年半の時間をかけて生まれ変わりました。
日本の伝統的で地球にやさしい暮らしを実践しています


銀河荘の、土間で作る料理体験 Rustic cooking class

 3月の銀河荘のイベントのお知らせです。

『銀河荘の、土間で作る料理体験』
いろりで田楽を楽しもう!

日時:3月16日(土)10:30−15:00
場所:銀河荘 糸島市長野
定員:10名
参加費:2,500円(小学生以下1,500円)

持ってくる物:軍手、エプロン、動きやすい服装、マイ箸
 
銀河荘では日常的に薪と炭を使って料理をしたり暖をとったり
といった昭和初期のような暮らしをしていますが、
今回は薪割りをし、薪で竈のご飯を炊き、
竈とセイロを使って田楽の野菜の下ごしらえをし、
囲炉裏で起こした炭で田楽を焼いてみなさんでいただく、

という一連の作業を実際に体験して
薪と炭を使った料理の威力、おいしさなどを
実感していただきたいと思っています。

食材はできるだけ地元の無農薬のお米と野菜を使用する予定です。
もちろん、今回も「おやつやさんのこころとからだにやさしいおやつ」
を用意しております。今回はみなさんの横で蒸しパンなどを
作ってくれるかもしれません。
湯気のたつほかほかのおやつも楽しみです。

ご希望の方はお早目にお知らせください。




| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: