Bluebell Picnic


 Royal Weddingから続く4連休のなか日、
May dayでもある1日は、抜けるような青空と
さらっと乾燥した空気で、さわやかな初夏の陽気だ。
3月20日のまだ肌寒いころ、
Ewanから家族と友達約30名にあてて招待メールが届いた時から、
ずっと楽しみにしていたBluebell picnic。
ロンドンから南へ約1時間、Brightonの手前、
Gatwick airportの先に位置するBurges hillと言う駅に
降り立った。

10:42にLondon Bridgeを出発した列車は満席で、
海辺の街ブライトンへ出掛ける大勢の人たちで
混み合っている。
同じ車両にインド系の、子供を入れた16人の大家族連れが
車両の3分の一を占領した形でかなり盛り上がっていた。
インド系の人たちはなぜかいつも大勢で
大移動しているのをよく見かける。
それだけ家族の絆が強いのだろう。

駅の改札ではEwanとEwanのお父さんのIanが笑顔で
出迎えてくれた。
Ianの運転する車で10分足らずで、彼らのWoods(森)へ到着。
この森はEwanのお父さんのものだったが、近年Ewanが受け継いだという。

Bluebellという花は、古い森
にしか生息しないという。
昔から存在するOakの森に
この時期だけ、2週間足らずの間
木々の足元が一面青紫になる。

このところの好天続きで、
Bluebellの花はちょっと盛りを
過ぎた感じだった。
でもまだまだ十分美しいブルーの絨毯が
森の中には広がっていた。

ピクニックサイトを探して
森の奥へと入って行くEwan。
「Bluebellの花の上に座るのは
かわいそうだから、余り花がない
この辺りがいいかもしれない。」
ちょうどいい場所を見つけて、
座って痛くないように木の枝などを
拾ってざっと整地する。


草の陰にかくれんぼしていた
野うさぎ。
何匹もぴょんぴょんと
飛びはねて逃げて行った。

Ewanに森の手入れはどのようにしているのか、
と尋ねたら、ほとんど手入れはしていない、という。
「自然の状態が一番だから、自然に古い木が
枯れて倒れたら、そのままにしておく。
そうすると虫たちのいい住みかになる。
そのうち新しい芽がでて、若い木が育って行く。
そうして、森の世代交代が自然の力で行われて
いくんだ。」

森の木はほとんどOakの木で、さくら(山桜)も何本かあった。
Oakの森を持っているから、暖炉の薪はすべてここでまかなえる。
実際そうしているという。
森の中を12くらいに分けて、12年かけて少しずつ木を売る。
そうすると、ちょうどいい具合に森が入れ換わって行くのだそうだ。
「誰かに木を切ってもらうの?」
と尋ねると、
「もちろん自分で切るんだよ。2人用ののこぎりを使うんだ。」
忙しいEwanが森の管理まで自分でしているなんてびっくり。
日本では山の管理はとても大変だと聞いていたので
こっちの森はあまり手がかからないようで、うらやましいと思う。
日本の森も広葉樹だったら、もっと明るくて気持ちのいい森だったろうに、
杉山にしてしまったお陰で、暗くて、下草も生えない、動物の
住めない森になってしまったのだ。おまけに杉は手もかかる。
だからますます放置されてしまったのだろう。
杉山でピクニックだなんて、とても考えられない!

「Rabbit hallsがあるから
気をつけて!」

よく見ると、
地面のあちらこちらに
穴があいている。
木の根元にもウロのような
穴が開いていた。


ピクニックサイトまでの道案内用に
Arrow(矢印)を用意していた。
歩きやすいように枝をのけて、
道筋を作り、ところどころに
このarrowを置いていった。

EwanのおとうさんのIanはなんと
今年81歳!
まだまだカクシャクとしていて、
斧を振るう手つきも足腰もしっかりしていた。
この年代の人は頑丈な人が多いような
気がする。
ちなみにEwanはおとうさんのことを
"Pa"と呼ぶ。

集合時間の1時を過ぎて
そろそろ参加者が到着し始めた。
トランポリンに被せていたという
巨大ブルーシートを用意していた。

Ewanはサラダとワイン、
パイとポテト、ミネラルウォーター
などを用意していた。

Ewanには下に3人の弟がいる。
その弟たちの子供たち。
横にハンモックを吊るして
一緒に遊ぶ。

シートの真ん中にそれぞれシェアする料理を
おいて、みんなでつまんで食べた。
ほとんどがHomemadeのパイや
サラダやケーキでどれもとっても美味。
イギリス料理は家庭料理が一番おいしい
ということが分かった。
私は巻き寿司を作って行った。
さすがに子供たちも寿司は知っていた。

この日の参加者は総勢27人。
2歳の赤ちゃんから81歳まで
まるでひとつの大家族のように
和気あいあいとした和やかな時間
が流れていた。

家族や友達など大勢の人たちみんなと
おしゃべりするのに忙しいEwan。



お互い知っている人もいれば
初めて会うという人もたくさん。
でもみんなリラックスした中で
楽しく談笑していた。
私はDitchlingのカリグラファー
Sueと、10月にベニスで会った
Ashokの2人だけ、あとはみんな初対面だ。
でもEwanが会う人会う人紹介してくれたので
いろいろとおしゃべりを楽しむことができた。
類友とはよく言ったもので、Ewanの家族や友達もみな、明るくて気持ちのいい
人たちばかりだった。

あちらこちらに
木漏れ日が射していて、
まるで妖精が出てきそう。



Bluebellの花はイギリス人にとっても
特別な意味を持つようだ。
日本人のさくらのような感じだろうか。
春のこの限られた期間に、
古い森の中にだけ現れるお花畑。
日本の森では見られないと思う。


3時半過ぎに解散。
希望者はそこから3マイルほどのところにある、
Ewanの弟のAlistairの家へお茶をしに行くことに。
EwanとIan、子供たちとお父さんの10人程が
歩いていくことにした。
他の人たちは車で移動。
Foot path(日本の遊歩道?)は車道をさけて
気持ちのよい田舎道が続く。

森を抜け、小川を超え、牧場を横切り、
民家の横や裏も通りぬける。

途中Wild Roseが咲いていた!
今年一番に見たバラだ。
とっても強くていい香りだった。










これからいよいよバラの季節!

ふさふさと気持ちのよい牧草が茂り、
地面はやわらかくて、歩きにくいけれど
足は疲れなかった。

途中、家畜が通れないように柵がしてある。

柵の上を人間が乗り越えていく。

この種類の牛の瞳はとってもつぶらで
かわいい!
近づいても逃げないで、じっとこちらを
見つめていた。

つぎつぎと現れる次の世界への入口。
なんだかワクワクしてしまう。

途中の道端で鶏とDuckの
卵が売られていた。
なんと6個で£1。
卵は汚れていたが、
おそらく放し飼いの
オーガニックだろう。
マツバラだとどちらも
£2以上はする。
私は迷わず購入した。

その家の庭には
おそらくこの卵の
産みの親であろう
アヒルたちが散歩していた。
その隣になんとラマがいた!

Ashokが「ほら、見てごらん!」
通りがかりの庭の木の根元に
犬が上半身を穴に突っ込んでいる。
よく見ると、置物だった。
ウサギを追いかけて穴に入った犬を
ジョークで飾っているのだという。


この途中にもワラビが茂っていた。
この春2回目のワラビ採りにすっかり夢中になってしまう。
片手に持ち切れないくらいのワラビを採っていると
みんな「Brackenは毒があるよ!」と口ぐちに言う。
「日本ではこれを採って食べるのよ。」
というとびっくりしていた。
イギリス人は採らないので、どこにいっても採り放題なのだ。
『春のイギリス、Bluebellとワラビ採りの旅』なんて企画できそうだ。
歩いていると
Tree Houseに出くわした。
子供たちは我先にと木に登り始めた。
近所の子供が書いたであろう注意書きが貼り付けてあった。「ポタリ―・ツリーハウスルール。安全のため一度に2人以上登らないこと。
故意にこの家を壊した人は罰金として£10を科します。」

一緒にいたEwanの友達の
Michael曰く、
「これを見て、登らずに
通り過ぎるなんてこと
子供たちにできるわけないよなぁ。」
私も・・・できない。



小さいながら、しっかりとした作りだった。
しばらくの間大人は下で見守りながら
休憩。

その先へ進むと突然土地が開けて
ひろびろとした牧場が広がっていた。
なぜかNorth American Farm
と名づけられていた。


まだ産まれて1年未満の
若い牛たちは
とっても好奇心旺盛。
どんどん私たちの方へと
近寄ってきた。


その先に広がる丘から遠くを指差して
「あれがDitchling beacon(高台)だよ。」
とEwan。

見ると上が平らになった高台が
遠くに横たわっていた。
「あれが古い水車小屋だよ。」と遠くの建物を
指差して説明するEwan。
生まれ育った土地が何十年も変わらぬ姿で
残っているというのは、なんてすてきなこと
なんだろうと思う。
私が子供時代を過ごした森や池や広場は
今では影も形もなくなってしまい、住宅街に
変身してしまった。

最後のお花畑は黄色と紫の絨毯だった。

目的地にやっと到着。
2時間足らずのお散歩は起伏に富んでいて
とっても愉快だった!

Ewanの下から2番目の弟が住んでいる家。
1920年に建てられたというけれど、
とっても素敵なカントリー・ハウスだ。


大きな木から吊るしてあった
タイヤは子供たちに大人気。

ここでもピクニックの続き?

陶器製のストーブが置いてあった。

庭の大きなりんごの木に登って遊ぶ
おてんばなPeriは9歳。
「でも8月で10歳よ。」
と何度も言っていた。

家の中をEwanが案内してくれた。
この家は以前はEwanのお母さんの妹
(Ewanのおばさん)の家だった。
その彼女が引っ越したので、弟家族が
借りているという。
そして、キッチンの戸棚に半分隠れている
壁画はなんと・・・・

David Jonesが描いたという。
彼もここに住んでいたとのこと。
温かみのある、ほのぼのとした絵だった。

注:David JonesはEric Gillと親交があった
画家で詩人でもあり、特徴的な文字も書いている。
ここここのサイトに紹介されている。


ピクニックに参加したほとんどの人たちは
この庭でお茶の時間を楽しんだ後、
帰途に着いた。
帰りはIanが1人で運転して
駅まで送ってくださった。

Ianが言った。「僕がここに来たのは10歳の時だったよ。
そうか、もう71年も前になるんだ!」
子供の時に世界大戦の被害をさけて、田舎に引っ越してきたそうだ。
Bluebellの森の中には小屋の跡があった。
Ewanが子供の頃には小屋があったそうだ。
そこにEwanもそのうちHut(小屋)を建てて、時々来ては
くつろぎたいと言っていた。

帰りの列車はブライトンからの観光客で満席だった。
1時間ちょっとずっと立っていたけれど、不思議と
疲れは感じなかった。
気持ちいい森と人々から、たくさんの良い気をもらったから
かもしれない。












Annの親友たちと小旅行−岬めぐり編

WSの後、Peteが近くの岬のあるナショナルパークへ
連れて行ってくれるという。
日が長くなってきているので、結構夕方も遊べるのだ。

途中通った街の名前は
”Westward Ho!"という変わった名前。
作家のCharles Kingsleyの同名の小説から
取ったそうだ。Bidford近郊が舞台の小説。
このびっくりマーク”!”が付いた街の名前は
イギリスには他にないという。


Kipling Tors National Trust
の看板。Torとは小高い丘。

美しい緑の草原の端には突然断崖絶壁が!



仲良く歩いていくAnn, HilaryとJudeの3人。

荒い波がえぐるように深い溝を刻みつけている。
「危ないから近付いちゃダメよ!
あなたの下はなんにもないんだから。」
とHilary。よく見ると足元の草のすぐ下は
ほとんど削られて土はなく、空洞だ。


この丘もGorse(ハリエニシダ)の黄色い花で
埋め尽くされていた。

これはDevon Violet。小さいけれど
匂いが強い。香水にも使われるそうだ。

肉牛だろうか。
のんびりと草を食んでいた。

ひろいひろい空は高く、気持ちいい!
どこまでも岬の先まで歩いていった。

その昔、ある男性が1人でこのgorse
の生い茂った丘を開拓して、牛が飼えるように
牧草地に変えたのだそうだ。
このgorseは簡単に取り除くことは不可能で、
相当大変な作業だったのではないか、と
Annたちは話していた。

海を見ながらベンチで一休み。

公園の入り口近くにはたくさんの海の家が
建っていた。
これは日中海に来た時だけ利用できるもので、
夜ここに寝泊まりすることは禁止されている。
しかし、こっそり泊る人もいるらしい。


これはトレーラーハウス。
この家もたくさん泊っていた。
この町は最初はアッパーミドルクラス向けの
街だったのが、だんだんロ―アークラスの人が
集まってきて、今では混ざっているのだという。


そして、Peteが次に連れて行ってくれたのが
この海岸!
まるくてきれいな石ころたちがたくさん!
海岸に沿って、どこまでもずっとこの石で
埋め尽くされていた!
砂の代わりに丸い小石が海へと流れ込んでいた。



犬を連れて散歩している若い女性。

この小石の特徴は白い線が入っていること。
イギリス人はよくこの手の小石を持っていて、
以前から気になっていた。
こんなところにあるなんて!
夢中になって拾った。
(帰りの荷物が重くなることも忘れて・・・)

戻ったら、今夜のおかずの
自家製ポークソーセージがちょうど
オーブンから出てきたところだった。
ここで飼っている豚ちゃんの肉と
自家製の野菜とハーブで作った正真正銘
手作りソーセージ。

おなかぺこぺこでみんな食卓に着く。

総勢8名のにぎやかな夕食は
ワイン片手に夜遅くまで続いた。

翌日の朝。
やはりいいお天気だ。
食堂の裏のりんごの木に当たる朝日が眩しい。

この小屋にお客さんが泊る部屋が
いくつかある。
この時は隣の棟にBritish Women's Society
のグループが泊っていた。

庭に茂っている白い花の付いた植物は
Wild garlic。どんどん増えて仕方ないとのこと。
ちぎってみるとニラに似た匂い。
きっと料理したら美味しいにちがいない。
Pipが、「いくらでも好きなだけ取っていって
ちょうだい!」
そこで、移植ごてを借りて掘り返した。
お土産がまた増えてしまった。

朝食は食堂の横のテラスで。
朝日が眩しすぎるくらいだった。

ゆったりと日光浴をたのしむように
椅子にくつろぐAnn。
こちらの人はリラックスするのが上手。

Robin(こまどり)がおこぼれをもらいに近寄ってきた。
みんなが落としたパンくずを食べに、すぐ足もとまで
来ていた。
空はいろいろな鳥たちの声がいくつも重なって
響いていた。



ウィンブルドン

イギリス人はかなりスポーツ好きなようだ。
ラジオを聞いていると、さまざまなスポーツの中継が
聴こえてくる。
フットボールに始まり、
ラグビー、クリケット、ゴルフ、そしてテニス。
W杯と少しずれて、ちょうどウィンブルドンテニスも始まった。
Andy Murrayというイギリス男子テニス界
期待の若手選手が出てきたこともあってか、
近所の公園のテニスコートはいつもに増して(?)
多くのテニスファンでにぎわっていた。
ほとんどんの人が自己流で楽しんでいる感じだけど。
中にはサリー(?)のような民族衣装をつけたまま
楽しんでいる女性も!

インド系(?)の女性は
民族衣装のままプレー。

老いも若きも下手な人もそこそこの人も
格好など気にせずに楽しんでいる様子が見ていて面白い。

やっと涼しくなってきた夜8時ごろ(まだ日本だと夕方5時ごろの感じ)
私は公園にサンドイッチを持参して、テニス観戦しながら
夜ごはんをベンチで食べていた。
ここのテニスコートは無料で、混んでいる時期は予約して
利用するようだ。
次の利用者がもうネットの後ろで待っている。
2人で来ている中年カップル、若者4人のグループ、
子供と親などさまざまな人々が真剣に(?)打ち合っている。

子供もおなかの出たおじさんも。

でもレベルはというと・・・・?

学生時代テニス一色の青春を送った私は
見ているとなんだかむずむず。
ラケットを握りたくなってきた。







バラ、薔薇、Rose

 梅雨入り前の蒸し暑い日本から一転、
イギリスは湿度が低く、寒くさえ感じる。
しかし、日は確実に長くなっていて
冬場は4時には暗くなっていたのに、
今はなんと夜の10時まで明るい!
なんという昼夜の時間差。

あまりのお天気のよさに
公園で散歩するのがこのところの日課だ。

今日はちょっと足を延ばして
バスで15分くらいのMuswell hillへ。
そこから徒歩10分の場所に
Alexander parkという大きな丘の上の公園がある。

遠くにCityの高層ビル群が
かすんで見えていた。

いつもNLLAのミーティングでここの元駅舎だった
建物の一角を使っているが、公園に入ったことはなかった。
公園はロンドンの街を見渡せる小高い丘になっていて、
本当に気持ちよい。
芝生の広場がよく手入れされていて、
人々がねっ転がって身体を焼いていた。












Fish & chipsとPlanet Organic のテイクアウトのお弁当を持って
ピクニック。
公園で食べるご飯は本当においしい!

近所の閑静な住宅街の一角に、バラのさまざまな種類の花を
見事に咲かせているお宅を発見。



余り広くない前庭一杯にバラなど10種類以上の
色とりどりの花が本当にきれいに
咲き乱れていた。




こちらのお宅ほどではないが、
うちの近所のお庭も、買い物に行く度に
きれいで見とれてしまう。

アプローチの階段の両脇に
あふれんばかりに咲く花たち
見たことのない花も結構ある



紫のバラ
この花もここではよく見かける




花の名前をあまり知らないのは残念。
それにしても、みなさんよく手入れしていらっしゃる
なぁーと感心しながら観ている。


Hyde park

 V&Aからちょっと北へ歩くと
有名なHyde park(253ヘクタール)がある。
この公園はロンドンで一番大きいかと思っていたら
ちょっと郊外だけど、ロンドンの公園としては
Richmond park(1000ヘクタール)が一番大きかった。

こちらに越してきて初めてハイドパークへ行った。
もう5時過ぎていたので、ゆっくりとお散歩
というわけにもいかなかったが、
夕日がちょうど沈むところだったので
青空とオレンジ色の夕焼けと、
白い飛行機雲のコントラストがとても美しかった。

暮れなずむ街かど暮れなずむ街角

夕暮れの街

この公園は長い蛇のような池が公園の中に横たわっていて、
西側がKensington gardenとなっている。
お天気はよいものの、まだまだ風は冷たく、
コートとマフラーと毛糸の帽子は手放せない。

池に映る夕焼け

池には白鳥や鴨などの水鳥たちが
岸の近くにたくさん集まってきていた。
すると、水鳥たちのイラストと名前の書かれた
案内板が目に付いた。
よく見るとカリグラフィーのイタリック体で
書かれている。

水鳥マップ大水鳥マップ

水鳥マップ水鳥マップのアップ

だれかカリグラファーが書いたのだろう。
こんなところでカリグラフィーが活かされているのは
うれしかった。

写真を取っていたら、
「ポーズを取ってあげるわね。」
と言わんばかりに、ちょっと大きめの水鳥が
横を向いて私の目の前に立ってくれた。
人に慣れているのか、ほとんど動かない。

ポーズを取る水鳥

お陰で夕焼けをバックにいい記念写真が撮れました。
ありがとう、水鳥さん!



| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

search this site: